山ごはん

高尾山 稲荷山コース 3

baner01(人∪`*)励みます。


1


   こんにちは、ふく太郎です。
   大雨、竜巻、熱波、十分にお気を付け下さい。
   私も気を付けます。


2


   さて、稲荷山コースから城山へと進む おむすび隊。
   茶屋へは立ち寄らないお客様は、外コースでお願いします ^^。


3


   紅葉もいいそうですが、新緑もいいもんです。


4


   遠慮がちな足音に振り返れば、海外からのお客様。
   「 どうぞお先に ♪ 」 と、同行者が道を譲ると 「 ありがとうございます 」
   笑顔と丁寧なお礼で、お山のマナーもバッチリですね。


5


   ちょうど見頃のあなたは、だぁれ ?


6


   見晴らしの良い場所にはベンチや東屋があって、みんなに優しいお山です。


7


   緑風を吸い込むと、季節がひとつ変わったんだと実感します。
   

8


   あっ、なんかそろそろっぽいですよ。


9


   オープンエアーな 城山茶屋さんは、ちょうどお出かけ中だったようです。
   飲み物を買いたいおじちゃんが、困ってました。
   そういう時はどうしたらいいんでしょうね?

   
10


   緑の色つやも良く、やっぱり来て良かったね。
   

11


   簡単なものしかありませんが、どうぞ、どうぞ ^^♪


12


   固めに茹でた小豆を炊き上がる寸前に入れて、お赤飯風です。
   あとは、常備菜の味付け玉子。


13


   あっ! コップ忘れました。 
   あのですねえ、コップを忘れて家に戻ったんですよ、、、それをザックに入れ忘れた。
 

14


   仕方がないので、水筒の小さな蓋でコーヒーを飲みました (笑)


15


   グレーな雲の下には、稲光が見えますよ。
   空もゴロゴロいいだしました。
   この時、八王子の町は 雹が降っていたと帰り道に知りました。


   つづく・・・のです。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   祝★おむすび隊 復活
   高尾山 稲荷山コース 1
   高尾山 稲荷山コース 2
   高尾山 稲荷山コース 3
   高尾山 稲荷山コース 4

両神山 5

baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。



1


   両神山ったら、両神山。
   とっとこ行こう。


2


   こんにちは、ふく太郎です。 


3


   んっ? レンズの調子が悪かったみたいです。


4


   ごめんなさいね。 ちょっと眩しい写真が数枚続きます。


5


   やっと山頂です。きれいな青空です。

   けれども・・・狭い山頂の登山道に、どっかり腰を下ろしているおじ様2名。
   岩の上から回り込み進むしかありません。
   風上でタバコを吸う若者、こちらも2名。

   なにか不快なものに包まれ、、、撤退です。

   
6


   長居は無用。


7


   とっとと行こう。 離れよう。


8


   このテーブル席、狙ってました ^^。
   分岐近くにあり絶えず人の声はしますが、耳を素通りしていきます。
   いい雰囲気、おむすび隊ふたり占め。
   ちょっぴり気持ちが萎みかけましたが、復活です。


9


   だって今日は、ちょっと贅沢な 鰻むすびですもの。
   っといっても、ほんのちょっぴりな鰻ですけど (笑)
   温かいお茶と良く合います。


10


   美味しくおむすびタイムを楽しんだら、下山です。


11


   歩きだせば、元の静けさを取り戻す 両神山。


12


   秋のやわらかな陽に包まれて紅葉を楽しめる。 いいお山です。


13


   すっかり気に入ってしまいました。


14


   次は、登りもすんなりといけるでしょう。 2度目ならねぇ?


15


   神社にお礼をして、下山しましょう。



   ここまでお付き合いありがとうございました。
   もうひと踏ん張りです。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編a>
   
両神山 1
   両神山 2
   両神山 3
   両神山 4
   両神山 5
   両神山 6
   

尾瀬 3

baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。



1


   秋はすぐそこまで・・・こんにちは、ふく太郎です。
   早朝のすっきりとしたあの匂いは、間違いなく秋のものでした。


2


   それが朝と昼とでは、こうも違うとはね。

   
3


   あちらこちらにカメラを向ける同行者を待つ間、ゴクゴクと水分補給。


4


   足りるか、水 お湯ならありますけど・・・


5


   この辺りから登山者の姿が見え始めます。


6


   歩みをゆるめ、たまに足を止め空を眺め、
   程よい距離感で進む おむすび隊 ^^。


7


   そしてこの辺りから、何度も何度もひつこいくらい現れる偽ピーク。


8


   律儀な私は、いちいち引っかかりましたよ。 もぅ、やんなちゃう。



9


   「 着いたねぇ~ 楽しかったね ♪ 」 と、満面の笑みで言われれば
   なんとなくそんな気もしてくるから不思議です。


10


   そして、またお腹も空いている不思議 ^^。


11


   ちょうど良さげな隙間を見つけ、おむすびタイムにしましょう。


12


   なんだこれっ? と、お思いの方もいらっしゃるでしょうが、これもおむすびなんですよ。
   山でなくても毎日おむすびを食べてる、おむすび隊。
   具はなんでもあり ^^。 そして、2~3種類の具を組み合わせて結んでます。
   炊き込みご飯やおこわは、おむすびにして冷凍庫してます。


13


   これは、ささみフライと塩昆布です。
   お醤油とわさびで食べるとおいしいそうです ^^。


14


   山頂までの登りは、約2時間。
   苦手な下山、頑張ります。




   歩く速さは、考える速度と比例する。 と、聞いたことがあります。 そりゃ、遅いはずだわ。


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   尾瀬 1(鳩待峠~山の鼻)
   尾瀬2(山の鼻~湿原~至仏山)
   尾瀬3(至仏山)
   尾瀬3(至仏山~鳩待峠)

梅干し

baner01(人∪`*)アリガタヤ


2


  こんにちは、ふく太郎です。
  いつからこんなに 「 はちみつ入り 」 が主流になったんだ! って、
  えぇ、梅干しのはなしです。
  気に入っていた梅干しが、引っ越し先のスーパーには売られておらず
  とりあえず並んでいるものを片っ端から試す、梅干しジプシーを一年半してました。


1


  で、楽天で買っちゃった。

  訳ありしそ漬け梅干たっぷり1kg!


3


  これでおむすび食べ放題^^。



浅間山 3

baner01(人∪`*)アリガタヤ


1

   登山前日は、睡眠時間はたっぷり取りましょう。
   って、あぁ、わかってますよ、知ってますよ。
   けどねっ、休日前夜だからって早く帰宅できるわけもなく
   仕事量だって・・・いつもより多くない? ってね。



2

   明日はお山に行くから、今週分の買い物もしとかなきゃ!
   掃除も洗濯も少しやっておかなきゃ・・・ ってなわけです。
   

   私は、山帰りに見つけたスーパーで地元民みたいな顔して買い物して
   足りないものをちょこちょこ買ってます。
   あと、こちらでは見かけないお菓子とかあって面白いんですよ。


3

   で、なにが言いたいのか?
   あゆゆ、睡眠不足です。。。

    
4

   おしゃべりな回遊魚がサイレント。


5

   慣れない暑さもあって、グッタリ。
   冷たい水でタオルを濡らして首に巻き付けて、水分を取って・・・あれっ?
   同行者、どこ行った

   一度も入ったことのない火山館から出てきましたよ。
   そう、火山館の男性がいつもの人じゃなぁーい。
   「 中に入ったらすごく涼しくて、中で休ませてくれるって 」 ありがたや、ありがたや。
   ちなみに部屋の中にはTVもあり、ディスカバディーチャンネルを視聴中(笑)

   30~40分、休ませて頂きました。
   「 ゆっくり休憩していきなさい 」 と声をかけて頂き大変助かりました。
   その節は、真にありがとうございました。


6

   じゃ、おむすび隊2名は山ごはんの支度に取りかかります。


7

   トマトと肉団子のスープににゅうめんを投入。


8

   塩分と酸味がポイントのスープです。
   残ったスープにおむすびを入れておじやにしてもいいです。


9

   けれど、あゆゆ一口、ふた口がやっと・・・。
   
   けど、水分も休憩もたっぷり取れたのが良かったんでしょう
   だいぶ元気になりました。
   やっぱり、いろいろきつかったんだなぁ。。。
   あゆゆには申し訳なかったけど、勉強になりました。


10

   火山館さんに再度、お礼の挨拶をして出発です。
   ( 職員さん、 ( ̄一* ̄)b で見送って下さいました 笑 )


11

   元気が戻ってきた、回遊魚!


12

   途端に賑やかです。口がよくまわってます。
   これなら心配ないでしょう (笑)

13

   「 おむすび隊は、あんまり二人喋らないんだねぇー 」 なんて言ってますよ。


14

   すれ違う人もいないので、陽気に下山中^^


15

   同行者から 「 ちょっとお二人さん、景色も楽しんでます? 」
   あっ・・・話に夢中になり過ぎました。


16

   元気が戻ったあゆゆは、下山が得意なようで・・・早いです。


17

   今日一日、本当にありがとうございました。


18

   そして、「 私、水筒買う! 」 宣言をしたあゆゆ。
   次もあるみたいです。


19

   そっか、そっか、良かった^^♪
   

20a

   ケガもなく、無事に下山できました。
   最後は山荘の日帰り温泉で汗を流してきました。
   硫黄臭たっぷりのオレンジ色の温泉です。
   おかげで翌日の髪はキシキシでした( 笑)



   最後までお付き合い下さりありがとうございました^^


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   浅間山 1
   浅間山 2
   浅間山 3

行ったお山
・2017年
高尾山(稲荷山コース)
・2016年
両神山(両神山荘~七滝沢~日向大谷周回)
尾瀬・鳩待峠~山の鼻~湿原・至仏山周回
燕岳(合戦尾根ピストン)
守門岳(保久礼小屋)
谷川岳(ロープウェイ)
御岳山~大岳山
鋸山・アドベンチャーコース(迷い)日本寺
大月~おむすび山~高川山~初狩、縦走
高尾山、薬王院に初詣

・2015年
羅漢寺山~白砂山~弥三郎岳~昇仙峡周回
安達太良山周回
菅平牧場~四阿山~根子岳
浅間山 雪
北横岳

・2014年
甲武信ヶ岳・西沢渓谷駐車場~近丸新道~甲武信小屋~山頂~徳ちゃん新道周回
戸隠山
妙高山(燕温泉から周回)
大菩薩嶺
かぐらスキー場~和田小屋~ 苗場山(祓川ルート)
美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸(周回)
焼岳(新中の湯ルート)
乗鞍岳
赤薙山
乾徳山
黒斑山
三ツ峠

・2013年
編笠山
中房温泉~燕岳(ピストン)
浅間山(浅間山荘~前掛山)
西穂高岳 独標
竜ヶ岳(夕方展望台まで)
榛名山
竜ヶ岳

・2012年
入笠山(〆)
赤城山 (霜月)
西沢渓谷・紅葉
高尾山ナイトトレッキング
浅間山荘~前掛山(リベンジ)
北沢峠~仙丈ヶ岳
大河原峠~蓼科山
八海山(大日岳ピストン)
蝶ヶ岳(三股からピストン)
武尊山(裏見の滝より)
平標山(お花畑にて)
湯ノ丸~烏帽子岳
鹿留山・杓子山.高座山
笠取山
塔ノ岳 
岩殿山
荒船山 ( 艫岩展望台まで )
妙義山(中間道)
赤城山(残雪・駒ヶ岳~黒檜山)
冬・黒班山(トーミの頭まで)
入笠山
北横岳(冬季)
三ツ峠入口~黒岳
竜ヶ岳
払沢の滝・浅間嶺(峠の茶屋まで)
毛無山
金時山 

・2011年
前掛山(浅間山荘コース)
赤城山(黒檜山)
麦草峠~天狗岳 
稲子湯~ニュウ~中山~中山峠~しらびそ小屋
石裂山 
乾徳山
唐松岳(八方尾根)
平標山
黒斑山(車坂峠・トーミの頭・蛇骨山・Jバンド・火山館) 
富士山(吉田口) 
大弛峠~金峰山
谷川岳(西黒尾根)
日光白根山 
北横岳・縞枯山・茶臼山
那須岳(朝日岳・茶臼岳) 
三頭山
瑞牆山
棒ノ嶺
御岳山・大岳山・鍋割山 
川苔山
筑波山
マピオン天気予報・山の天気
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード