登ってみました

木曽駒ケ岳 2( 宝剣岳から千畳敷 )

baner01



1


   こんにちは ^^。
   ここは 宝剣岳山。
   狭い山頂にはドローンを操作している男性やその仲間。
   小さな子供をおんぶ紐で背中に括り付けたお母さん。
   様々なスタイルの登山者たちで溢れかえっています。


2


   なかでも、千畳敷からやって来た 女性3人組は賑やかでした。
   途中の登山道にザックを置き捨てたらしいのですが、来た道を戻りたくない。
   でも・・・ザックは回収せなばならず、どうすればいい? 

   それは歩いてきた道を戻るしかないでしょう。 と皆で言いましたが。。。
   来た道を戻るのは怖く、先の極楽平へと進もうとするのです。


3


   この日、極楽平から歩いてきたのはおむすび隊とおじさんの3人のみ。
   困りました。何度も説明しました。
   ここ宝剣岳山頂から極楽平へは、高度感が違います。

   第一、ザックを回収したいなら戻るしかないのでは?
   なぜか? これが伝わらず (笑)
   一度は、「 戻らなきゃダメ? 」 と納得しかけるのですが・・・でも、と先に進みたがる。


4


   8度くらいこのやり取りを繰り返したかな。

   
5


   今にして思えば、軽いパニック状態だったのかも?


6


   宝剣岳の山頂から宝剣山荘までは、
   確かに狭い岩場歩きですがステップもあり、
   高度恐怖症気味の私でも歩けました。
   
   もちろん、雪のないこの季節までのおはなしです ^^。


7


   はなしを戻しまして・・・
   お腹が空きました。(笑) この岩の上で 山ごはんにしましょう。


8

 
   青空の下、歩いてきた道を振り返りながら何を食べる?
   はいっ! おむすびです。


9


   そして、最近はまっているのが 山椒 でして。
   スーパーで見かけた マルちゃんのごま坦々うどんを持ってきました。


10


   大きなおむすびは、仲良くひとつずつ・・・はい、足りませんでした。


11


   やっぱり、山では3倍お腹が空きます。


12


   色んな山椒を試しましたが、これが一番です。
   ちなみに、巣ごもり卵にも合います。(笑)


13


  学校から帰ると、テーブルの上にはいつもおむすびがありました。
  それは、誰が食べてもいい おむすびです。(笑)
  炊飯器に残しておいても誰も手をつけませんが、
  おむすびにしておけば、食べるでしょ? ってね。
   

14

  
   さて、コーヒーでも飲んで・・・ って、あれれ?
   カップがないよ? お茶セットもない。
   同行者の入れ忘れです。


15

  
   あぁ。。。白湯か。。。と、がっかりしかかった時、思い出しました。
   私のザックの内ポケットに COFFEE BREWER が入ってたことを ^^。
   えぇ、ただの入れっぱなしですけど・・・えらいぞ私!


16


   しっかりお茶も楽しんだら、どうしましょう?
   木曽駒ケ岳まで行く?


17


   沢山あるピークの中から、とりあえず目の前の 中岳へと進むことにします。


18


   同行者のザックを背負ってみましたが、無駄に重い。(笑)


19


   人影の少ない 中岳山頂に到着です ^^。
   自撮りに苦労していた女性に、「 撮りましょうか? 」 と声をかけてる同行者。

   未だに知らない人に声をかけるのが苦手な私。
   ( 確か同行者も同じだったはずなのに、あれっ?お山だと・・・。)
   

20


   誰もいなくなった 静かな中岳。


21

 
   今日はここまでにします。


22


   またね。富士山 ^^ 。


23


   そのうち、いつかお世話になります。宝剣山荘さん。


24


   続きはまた来年。


25


   ロープウェイ乗り場まで、ゆっくりゆっくり下ります。


26


   後ろの人にじゃんじゃん道を譲り、何度も景色を振り返り ^^。
   

27


   美しい山でした。
   
28


   朝日を浴びた 千畳敷カールも見てみたい。
   いつか、見ようね。


29


   珍しく、同行者ではなく私にお声がかかりました。(笑)


30


   さて、今日はここがゴールです ^^。
   帰りのロープウェイが来るまで、お土産を買わなくちゃ。

   最後までお付き合いありがとうございました。
   秋のお山は、まだ続きます。


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   木曽駒ヶ岳( 極楽平から宝剣岳へ )
   木曽駒ケ岳 2( 宝剣岳から千畳敷 )
   木曽駒ケ岳 3( おまけ )


木曽駒ヶ岳( 極楽平から宝剣岳へ )

baner01


1


   どうしても出発時間が4時過ぎになってしまう・・・。
   こんにちは、ふく太郎です。

   それでも歩けるお山が、こちらの木曽駒さんでした。
   自宅から意外と近く、高速ICから近い。
   そして、ロープウェイで楽ちんです ^^。


2


   マイカー規制で路線バス使用ですが、30分に1本出ています。
   ( 登山客よりも観光客が多く、おじ様おば様から、ちょくちょく写真をお願いされる同行者。)


3


   まぁ、のんびり行きましょう。

   
4


   ロープウェイが来るまで、お土産を物色中。


5


   乗車時間は 7分。


6


   さぁ、どこを歩こうかな?


7


   おむすび隊は、極楽平から宝剣岳を目指します。
   ちなみに、このコースを歩いていたのは おむすび隊のみ。


8


   途中からソロのおじ様が加わり、3人で宝剣岳を目指します。


9


   誰も歩いていないことに、ようやく気づき始めた あんぽんたんは?


10


   私です!


11


   「 極楽 」 を楽し気に聞き流していたのは?
   私です。


12


   とりあえず、行けるかどうか自分の目で確かめてみよう。


13


   ちなみに・・・
   前日に初冠雪との情報があったので、
   おむすび隊のザックにはチェーンスパイクが入っています。
   

14


   はいっ! 冬には登りません!


15


   ちょこっとだけ、残っていた雪。


16


   反対まわりからやって来たおじ様に、
   「 落ちるなよ。 落ちたら・・・アウトだからな。」 とお声を頂き・・・。


17

   
   緊張感が増す、ふく太郎。


18


   「 大丈夫だよ。ゆっくり焦らず行こう。」 の声に無言で頷きます。


19


   ひとつひとつ、一歩一歩。


20


   すれ違う登山者がいなかったのは、ラッキーでした。


21


   しっかりした足場はあるのに、一度だけ高度感から竦みそうになりました。
   

22


   そんな時、後ろからソロのおじ様が現れ・・・先を譲ろうとしたら
   「 こんなとこだとは思わなかった。戻ろうにも戻れないし 」 とのことで・・・。


23


   私が先に行くしかないようです。(笑)


24


   おむすび隊、宝剣岳山頂に登頂。
   少し遅れて、おじ様も無事に登頂です ^^。


25


   来年は、ヘルメット にアクションカメラをつけて同じコースを登りたいと思います。
   宝剣岳山頂には色んな人がいて・・・そのお話はまた次回。


   久しぶりの鎖場でしたね。 あぁ、怖かった!楽しかった?
   あなたはどちらかしら? 
   続きます ^^。


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   木曽駒ヶ岳( 極楽平から宝剣岳へ )
   木曽駒ケ岳 2( 宝剣岳から千畳敷 )
   木曽駒ケ岳 3( おまけ )


予告編 霜月の山

baner01



予告編


   2019 11月

   本当は 「 夏に歩くはず 」 だったお山へ。
   今年は無理だと諦めていたぶん、楽しい山歩きになりました。

   さぁ~て、どこだ?


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編 霜月の山
   石川SA ( 下り )
   宝永山 1
   宝永山 2
   

予告編 秋の山

baner01



2019 紅葉登山


   2019 10月

   秋のお山を あゆゆと歩くの巻き。
   さぁ~て、どこだ?


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編 秋の山
   談合坂SA ( 下り )
   西沢渓谷 ( おむすび隊 + あゆゆの巻き )


平標山 3

baner01



1


   こんにちは、ふく太郎です。
   平標山の家 の特等席をお借りして山ごはんにしましょう。

   以前から欲しがっていた 「 ジェットボイル 」 を手に入れた同行者。
   新しい山道具は、やっぱり嬉しいようです。
   まぁ、確かに早くお湯が沸くし、
   オール電化の我が家には災害時の備えにもいいかと ^^。
   

2


   今日のおむすびは、ゆかりごはん + 鶏チャーシューに刻みのり。
   豚肉もいいけど、たまにはヘルシーに鶏むねで作ってみました。
   

3


   わさびをつけても、山椒をふりかけても美味しいです。


4


   ごまのおむすびには、焼きたらこ。
   これだけじゃ足りないかしらん? と、ランチパックにドーナツも・・・。
   ヘルシーが遠ざかっていきます。(笑)


5


   ところで、好き嫌い多い方ですか?
   私、結構あります。
   貝類 ・ 漬物 ・赤魚 など食べられません。
   ちなみに、赤魚がダメな理由は・・・金魚みたいだから。。。です。

   
6


   ゆっくり〆のコーヒーも楽しんだら、下山です。

   
7


   ここからは、木段続きの下りになります。
   

8


   お喋りしながら、「 あっ! 」 という間の下山です。


9


   あゆゆがよく利用する、登山ツアーだとこちらを登りに使うそう。


10


   今年の夏は、小屋泊で 「 燕岳 」 に登った彼女。
   「 あそこは当分、いい 」 そうです。(笑)
   お山との相性が悪かったのかしらね?

   
11


   平標山を下ったら、林道歩き。
   これが約1時間くらいあります。


12


   何度か歩いているので、今日は45分くらいで駐車場に到着。


13


   無事、ゴール ^^♪ 
   なんとかギリギリ、ヘッデンを使わずに済みました。


14


   自分土産に、はちみつのミニバームクーヘンを買ってきました。
   下山後、お山の話しをしながらのお茶菓子に ^^。
   
   最後までお付き合い下さりありがとうございました。
   さて、次のお山はどこかしら?


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編 動画
   赤城高原SA ( 下り )
   平標山 1
   平標山 2
   平標山 3


登ったお山
・2019年
初冬の宝永山
紅葉初期西沢渓谷
木曽駒ヶ岳
紅葉の平標山
武甲山
櫛形山(池の茶屋登山口)
日向山
入傘山
2019 井之頭公園 2019 春
2019 高尾山 火渡祭
高尾山 梅まつり
金時山
節分 鬼鎮神社
大山詣で

・2018年
茅ヶ岳
西沢渓谷(+)
秩父 国師ヶ岳(ご来光)すすきの乾徳山(月見岩)
紅葉、天狗温泉から浅間山
紅葉の那須岳(ひょうたん池)
平標山
秩父 芝桜の丘 ( 羊山公園 ) 琴平丘陵ハイキングコース
秩父・虎山の千本桜の後、美の山公園
埼玉夜桜見物
節分草園の後、大霧山ナイトトレッキング
長瀞~宝登山・蝋梅園
大山詣り 初詣

・2017年
丹沢大山〆
竜ヶ岳
大霧山( 定峰峠から )
西沢渓谷
初冠雪の黒斑山
表丹沢自然公園駐車場~鍋割山(迷い) 
乾徳山 
大菩薩嶺周回 
菅平牧場から四阿山と根子岳 
高尾山(稲荷山コース)

・2016年
両神山(両神山荘~七滝沢~日向大谷周回)
尾瀬・鳩待峠~山の鼻~湿原・至仏山周回
燕岳(合戦尾根ピストン)
守門岳(保久礼小屋)
谷川岳(ロープウェイ)
御岳山~大岳山
鋸山・アドベンチャーコース(迷い)日本寺
大月~おむすび山~高川山~初狩、縦走
高尾山、薬王院に初詣

・2015年
羅漢寺山~白砂山~弥三郎岳~昇仙峡周回
安達太良山周回
菅平牧場~四阿山~根子岳
浅間山 雪
北横岳

・2014年
甲武信ヶ岳・西沢渓谷駐車場~近丸新道~甲武信小屋~山頂~徳ちゃん新道周回
戸隠山
妙高山(燕温泉から周回)
大菩薩嶺
かぐらスキー場~和田小屋~ 苗場山(祓川ルート)
美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸(周回)
焼岳(新中の湯ルート)
乗鞍岳
赤薙山
乾徳山
黒斑山
三ツ峠

・2013年
編笠山
中房温泉~燕岳(ピストン)
浅間山(浅間山荘~前掛山)
西穂高岳 独標
竜ヶ岳(夕方展望台まで)
榛名山
竜ヶ岳

・2012年
入笠山(〆)
赤城山 (霜月)
西沢渓谷・紅葉
高尾山ナイトトレッキング
浅間山荘~前掛山(リベンジ)
北沢峠~仙丈ヶ岳
大河原峠~蓼科山
八海山(大日岳ピストン)
蝶ヶ岳(三股からピストン)
武尊山(裏見の滝より)
平標山(お花畑にて)
湯ノ丸~烏帽子岳
鹿留山・杓子山.高座山
笠取山
塔ノ岳 
岩殿山
荒船山 ( 艫岩展望台まで )
妙義山(中間道)
赤城山(残雪・駒ヶ岳~黒檜山)
冬・黒班山(トーミの頭まで)
入笠山
北横岳(冬季)
三ツ峠入口~黒岳
竜ヶ岳
払沢の滝・浅間嶺(峠の茶屋まで)
毛無山
金時山 

・2011年
前掛山(浅間山荘コース)
赤城山(黒檜山)
麦草峠~天狗岳 
稲子湯~ニュウ~中山~中山峠~しらびそ小屋
石裂山 
乾徳山
唐松岳(八方尾根)
平標山
黒斑山(車坂峠・トーミの頭・蛇骨山・Jバンド・火山館) 
富士山(吉田口) 
大弛峠~金峰山
谷川岳(西黒尾根)
日光白根山 
北横岳・縞枯山・茶臼山
那須岳(朝日岳・茶臼岳) 
三頭山
瑞牆山
棒ノ嶺
御岳山・大岳山・鍋割山 
川苔山
筑波山
マピオン天気予報・山の天気
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード