登ってみました

荒船山 ②

baner01



1


   鳥たちの美声が風に乗って聞こえてきます。


2


   今日も静かな山歩きです。


3


   ハイキングコース・・・という看板に騙されてはいけません。
   おむすび隊、息あがってます。


4


   櫂を漕ぎ続けたら、空に届くかしら?


5


   そんな想像をかき立てられる、特異な山容の荒船山です。


6


   ここ数年、気に入っている 一秒動画。


7


   なんでもない一秒を、集めて繋げて楽しんでいます。


8


   葉を揺らす風に囲まれながら、のんびりゆっくり山頂を目指します。


9


   でも、山頂からの眺望は期待しちゃだめ? らしいんですけどね。


10


   まぁ、それでも一度は山頂を見て見たいでしょ?


11


   この辺りから削られ、抉られ、狭くなった登山道が続きます。


12


   すれ違うことはできない場所なので、混雑時は気を付けてね。


13


   そろそろ平坦な頂上部分に出られそうですよ。


14


   まずは、船尾にあたる艫岩に向かいます。


15


   初級者向けのコースから中級者以上と、
   レベルに応じて楽しめるのが荒船山の良いところ。

   
16


   「 ふき? 」 って母にメールしたら、「 違う! 」 と即答 (笑)


17


   初めてかな? ちゃんと見た、クリンソウ ^^。
   

18


   そして、数年ぶりの艫岩です。
   

19


   まずは、木陰でお茶とお菓子で小休止 ^^。
   

20


   4人と1匹。
   爽やかな晴れ間が嬉しい 荒船山。 
   続きます ^^。


   そろそろお日様、顔を出してくれないかなっ。
   
   

荒船山 ①

baner01



1


   秩父の大持・小持山の次が当日まで決まらなかった。
   こんにちは、ふく太郎です。

   えぇ、答え出てます。


2

 
   妙義山の帰りに、展望台まで歩いたのが2012年・・・。
   歩き残したままの 荒船山に決定です。


3


   今回も早着です。


4


   駐車場には、2台。
   普段から、有名どころに出かけない二人登山 ^^。


5


   難しい時間が続きますが、
   心の底のちょうど良い場所を探して、二人で歩けたらいいな って思います。


6


   あれっ? 私、意外と覚えている?


7


   「 以前歩いた時、ここは凍っていて下山の時、怖かったんだよ。」
   

8


   「 この先、木の小さな梯子があっあよね?」


9


   そうだ、これこれ! でも、頑丈な梯子に変わってる?


10


   一枚目の写真は私が寝ている間に同行者が撮ったので、
   ここでようやく、船を眺めました。


11

   
   キノコか? なんか見つけたんだったかしらねぇ?
   最近の事は忘れてます。


12


   今日は、山頂に咲く クリンソウの群生を見たくてやってきましたが


13


   紅葉もさぞかし素敵なんでしょうね。


14


   歩きやすく、整備された登山道に 荒船山の人気 を感じます。


15


   これは以前はなかったかと?


16


   緑の葉も心地よく揺れています。


17


   お決まりの他愛のないおしゃべりが楽しい 山時間。


18


   ほらっ、前もここからこうして浅間山を見たんだよ ^^。


19


   小さな記憶を辿りながらの山歩き。
   
   
20


   おぉ~! なんて事もあるわけです。


21


   去年の大雨でやられちゃったのかな?


22


   手足を伸ばして、潜ります。

   
23


   ちょっと滑りやすいところもありますよ。



24


   「 ふく太郎! 上、上 ^^ 」 の声につられ見上げれば


25


   あらっ、嬉しい♪ 
   ヤマツツジが待っていていてくれました。
   眩しそうに、楽しそうに目を細める同行者。
  
   もう少し、続きます。

   

秩父 大持山と小持山 ②

baner01




1


   ここからの眺めは、本当に素晴らしい ^^。
   こんにちは、ふく太郎です。


2


   で、ごめんなさいね。
   ちょっと失礼して、気持ちの良い場所でひと眠り。


3


   すっきりしました。


4


   すれ違い時は注意が必要な、狭い登山道が続きます。


5


   先週末は、大層な混み具合だったそうで ・・・ 駐車場は満車で路駐まで出たそうです。
   できたら、平日にお越し下さい。


6


   のんびりした良いお山なのでね ^^。


7


   秩父で、「 このお山も良いよ 」 って教えて頂けたら嬉しいです。
   えぇ、誰にも言いませんから、ぜひ ^^。


8


   今年はもう、、、と
   諦めていたヤマツツジ がまだこんなに咲いていますよ。


9


   ほらっ、こっちにも 、あっちにも咲いています。


10


   山も花もいつも通り、何もかもそのまんま。


11


   すれ違った登山者は5人ほど。
   武甲山山頂を目指している登山者が多く、
   みなさん足早にすり抜けて行かれます。

   
12


   じゃ、今日はここで山ごはん。


13


   実家から送られてきた 鰻は山めしで って決めてました。
   小さな丼ぶりには、大き過ぎたね。


14


   うな丼 と フランスパン (笑)


15


   ベーコン に ザワークラフト、そしてピクルス に ハラペーニョ。
   

16


   大口開けて、楽しく食べるのが一番。


17


   円を描き、ぐんぐん上昇しているのは鳶?
   〆のコーヒーもお代わりすること、3杯。


18


   じゃ、行きますか。


19


   んっ? んっ? エリザベス・・・だよね?
   わんこの落とし物?
   
   ではなく、「 頭上注意 」 だそうです。
   どうしてエリザベスを選んだのでしょう?(笑)
   

20


   大持山山頂から、妻坂峠までやってきました。
   ここまでの下りは少し急です。
   だから、おむすび隊とは逆回りの登山者が多いのかもしれません。
   滑りやすい土質な上、助けとなる手がかりがないんです。
   
   私には、少し厄介な道です。

   
21


   様々な人の思いで、遠い昔と 今日が繋がっている。
   ふたり、自然と手を合わせていました。


22


   そして・・・
   絹を江戸へ運ぶ秩父シルクロードとして栄えた峠だったと、
   後から知ったおむすび隊。


23


   そうそう、ここからは山肌が崩れ、抉れています。


24


   雨の日は、やめときましょう。


25


   今日は幸い雨の心配はなく、山日和の一日でした。
   

26


   私の方が家に居ると、気ぶっせいだったようで、
   平気顔の同行者が羨ましかった・・・ いやっ、憎たらしかったです。(笑)
   

27


   横瀬駅の看板が見えたら、駐車場はすぐそこです。


28


   そうそう、前回もこの倒木を潜りました。


29


   路駐こそないものの、駐車場は満車です。
   今日は、早着が正解でしたね。


30


   今日も良い山歩きができました。
   秩父はやっぱり素敵です。

   機会があったら、ぜひ歩いて欲しい大持・小持。
   おむすび隊も、またお邪魔します。
   今日はここまでお付き合い下さり、
   ありがとうございました。

   またね。

予告編

baner01


予告編


   「 どうして、この山に行こうと思ったの?」 と、尋ねた同行者。
   はて? 私もどうしてだかわかりませんが (笑)
   これもご縁なのでしょう。

   赤いお花が迎えてくれた、8年ぶりのお山はどこだ?



秩父 大持山と小持山 ①

baner01戻ってまいりました。


1

   
   こんにちは、ふく太郎です ^^。
   えっ? 
   あっ、大丈夫ですよ。間違いではありません。
   75日ぶりです。

   ねぇ・・・。うん。


2


   で、おむすび隊が選んだのはこちらのお山。
   また、大持・小持 ^^。
   「 つつじの咲く頃、また来たいね 」 ってね。
   残念ながら今年はそうもいきませんでしたけどね。
   いいんですよ。


3


   自宅から近いこのお山。
   おむすび隊には珍しく、早着です。
   どこにいくのか?
   ヘルメット+探検隊と書かれたTシャツを着た男性2名。
   そして、ソロの男性1名 と、おむすび隊2名のみ。

   
4


   各々、進む先が違うようです。(笑)


5


   おむすび隊は、お気に入りのこのコース。
   あっ、今日も武甲山には登りません。


6


   もがけばもがく程、糸は絡まる。
   だから、動いてはいけない。
   じっ と、我慢 我慢。


7


   それでも、青空を眺めては、何度もため息。
   
   
8


   まだまだ油断はできないし・・・
   この先、どんな嵐が来るのか誰にもわからない。
 

   
9


   だから、用心しながら少しづつ縮こんだ羽を広げていく。
   そんな夏になりそうです。


10


   緑に染まった柔らかな日差しを肌に感じれば、それだけで心が浮きだつ。


11


   やっぱり、山あるきは楽しい。


12


   息はちゃんと上がってますけどね。

   
13


   「 ここから少し、きつかったんだよ 」 なんていうのも妙に嬉しくて


14


   おかしな、ふたり歩きです。


15


   武甲山が見えました。

   
16


   ここから武甲山へ進む登山者が多いようです。
   ですが、やっぱり私は気が進まず・・・。


17


   あっ! ちょこっと ヤマツツジが咲いています。


18


   やっぱり、こっちだ、こっち ^^。


19


   あと、ひと登り
   もうひと登りを何度も繰り返し・・・。


20


   もしかして、通り過ぎちゃったのかしら?


21


   なんて思いながら進んだ先に、やっと出てきた 雨乞岩。


22


   ここからの眺めが大好きなんです。


23


   足元は、切り出した崖なのでくれぐれもお気を付け下さい。


24


   今日も誰もいないこの場所で、一休みしましょう。



   お久しぶりの山歩き。再開です ^^。
   これからも、お付き合い下されば嬉しいです。




登ったお山
・2020年
秩父 大持山と小持山
日和田山 から 物見山
秩父・あずまや山(四阿屋山)
2020 大山詣で
・2019年
長者ヶ岳
浅間隠山
初冬の宝永山
紅葉初期西沢渓谷
木曽駒ヶ岳
紅葉の平標山
武甲山
櫛形山(池の茶屋登山口)
日向山
入傘山
2019 井之頭公園 2019 春
2019 高尾山 火渡祭
高尾山 梅まつり
金時山
節分 鬼鎮神社
大山詣で

・2018年
茅ヶ岳
西沢渓谷(+)
秩父 国師ヶ岳(ご来光)すすきの乾徳山(月見岩)
紅葉、天狗温泉から浅間山
紅葉の那須岳(ひょうたん池)
平標山
秩父 芝桜の丘 ( 羊山公園 ) 琴平丘陵ハイキングコース
秩父・虎山の千本桜の後、美の山公園
埼玉夜桜見物
節分草園の後、大霧山ナイトトレッキング
長瀞~宝登山・蝋梅園
大山詣り 初詣

・2017年
丹沢大山〆
竜ヶ岳
大霧山( 定峰峠から )
西沢渓谷
初冠雪の黒斑山
表丹沢自然公園駐車場~鍋割山(迷い) 
乾徳山 
大菩薩嶺周回 
菅平牧場から四阿山と根子岳 
高尾山(稲荷山コース)

・2016年
両神山(両神山荘~七滝沢~日向大谷周回)
尾瀬・鳩待峠~山の鼻~湿原・至仏山周回
燕岳(合戦尾根ピストン)
守門岳(保久礼小屋)
谷川岳(ロープウェイ)
御岳山~大岳山
鋸山・アドベンチャーコース(迷い)日本寺
大月~おむすび山~高川山~初狩、縦走
高尾山、薬王院に初詣

・2015年
羅漢寺山~白砂山~弥三郎岳~昇仙峡周回
安達太良山周回
菅平牧場~四阿山~根子岳
浅間山 雪
北横岳

・2014年
甲武信ヶ岳・西沢渓谷駐車場~近丸新道~甲武信小屋~山頂~徳ちゃん新道周回
戸隠山
妙高山(燕温泉から周回)
大菩薩嶺
かぐらスキー場~和田小屋~ 苗場山(祓川ルート)
美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸(周回)
焼岳(新中の湯ルート)
乗鞍岳
赤薙山
乾徳山
黒斑山
三ツ峠

・2013年
編笠山
中房温泉~燕岳(ピストン)
浅間山(浅間山荘~前掛山)
西穂高岳 独標
竜ヶ岳(夕方展望台まで)
榛名山
竜ヶ岳

・2012年
入笠山(〆)
赤城山 (霜月)
西沢渓谷・紅葉
高尾山ナイトトレッキング
浅間山荘~前掛山(リベンジ)
北沢峠~仙丈ヶ岳
大河原峠~蓼科山
八海山(大日岳ピストン)
蝶ヶ岳(三股からピストン)
武尊山(裏見の滝より)
平標山(お花畑にて)
湯ノ丸~烏帽子岳
鹿留山・杓子山.高座山
笠取山
塔ノ岳 
岩殿山
荒船山 ( 艫岩展望台まで )
妙義山(中間道)
赤城山(残雪・駒ヶ岳~黒檜山)
冬・黒班山(トーミの頭まで)
入笠山
北横岳(冬季)
三ツ峠入口~黒岳
竜ヶ岳
払沢の滝・浅間嶺(峠の茶屋まで)
毛無山
金時山 

・2011年
前掛山(浅間山荘コース)
赤城山(黒檜山)
麦草峠~天狗岳 
稲子湯~ニュウ~中山~中山峠~しらびそ小屋
石裂山 
乾徳山
唐松岳(八方尾根)
平標山
黒斑山(車坂峠・トーミの頭・蛇骨山・Jバンド・火山館) 
富士山(吉田口) 
大弛峠~金峰山
谷川岳(西黒尾根)
日光白根山 
北横岳・縞枯山・茶臼山
那須岳(朝日岳・茶臼岳) 
三頭山
瑞牆山
棒ノ嶺
御岳山・大岳山・鍋割山 
川苔山
筑波山
マピオン天気予報・山の天気
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード