baner01夏も一緒に ^^。



1


   嬉しそうにあちらにこちらにと、レンズを向ける同行者 ^^。


2


   こんにちは、ふく太郎です。


3


 朝露を浴びてきらきら光る花々。
 見頃は過ぎてしまっているけれど、人混みに煩わされずのんびり楽しめるのは嬉しいです。


4


  思っていたよりも、体が軽くて、、、って、そっか!


5


   私のザックには、おむすびとカップくらいしか入ってないんでした。
   

6


   緑の香りがする風が吹き、うぐいすの声も聞こえます。


7


   「 あぁ、山にいるんだなっ 」って、 嬉しそうな同行者。


8


   当たり前にあるものなんて、ない。


9


   避けようもない悲しみ、寂しさに襲われてもなんとか頑張れたのは、
   一緒に歩いて、笑って、おむすび食べてくれる人がいたから。


10


   少し風が出てきて、雲が流されていきます。


11


   青一色とはいかないけれど、
   炎天下を覚悟してきた山歩きには丁度いいかしらね。


12


   では、ここからはそれぞれ楽しみながら参りましょう。


13


    まるでお大尽にでもなったような気分です ^^。


14


   薄雲が広がり、ガスに包まれながら歩きます。


15


   同行者、気づいてるかな?


16


   山頂にはやっぱり、ふたりで行きましょう。


17


   さぁ、山頂に到着です。 先客はソロのおじさま一人だけ (笑)


18


   残念ながら、お天道様の光は雲に遮られてしまいました。


19


   っと、思ったら顔を見せてくれました。


20


   仙ノ倉は、ガスガスで・・・ちょうど良い言い訳ができました (笑)
   まだ、一回も歩いたことがないおむすび隊。

   いつか、いつか、あるのかな?


   ・・・なかなか天候に恵まれず、お山に行けない日々が続いています。
   皆さんは、いいお山歩きができますように ^^。




   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   小さなリュック
   予告編
   赤城高原SA ( 下り )
   平標山 1
   平標山 2
   平標山 3
   平標山 4