baner01応援してくれてありがとう^^。


1


   これまたずいぶんと長い朝食ですねぇ。


2


   「 そちらこそ、長い休憩ですね。」 
   「 じゃ、おあいこですね 」
   
   なんて、会話があったとか、なかったとか ^^。


3


   こんにちは、ふく太郎です。
   どうですか? 紅葉楽しんでますか? 
   おむすび隊はこれからです ^^。 楽しみです。


4


   平日限定の為、ふたり静かな山歩きができています。


5


   それでも人気のお山の時は、さぁ、くるか! と身構えて行ったのに


6


   団体さんが一組だけ忙しげに通り過ぎ、それっきり・・・
   ちょっぴり拍子抜け、なんてこともありました。


7


   ここのすすきがお目当てだった 同行者。
   「 あぁ、やっぱりまだ早かったかぁ~」 なんて言ってますが、いいんじゃないの?
   富士山も拝めたことだし ^^。

   
8


   「 このレモン、ずいぶんとオレンジ色だけど・・・変色してるんじゃ・・・」
   まぁ、確かに色は濃い目だけど と、パッケージの賞味期限を確認。
   あらまっ! かなり前に切れてます (笑)
   けど、ほらっ、ドライフルーツだから・・・だから?なに?


9


   ただのずぼら太郎です。


10


   待てなくて、食べちゃった。


11


   さぁ、もう一登り頑張りましょう。


12


   緑風を深く吸い込み、ゆっくりと吐き出す。
   できるだけ全部吐き出すように、山では意識して呼吸しています。


13


   空も気持ちよく晴れ渡り、風も実に穏やかで、どんどん楽しくなってきますね。

   
14


   小さな鎖場が出てきますが、
   渋滞もしておらず、ゆっくり自分のペースで大丈夫 ^^。


15


   大人の親子登山や、男性二人組の登山者が多かった為、
   先を譲るのんびりとした雰囲気です。


16


   そんな皆さんに見守られながらの鎖場は・・・ 正直、登りずれぇーぞっ と (笑)


17


   お山の前日は、何度も空模様を確かめて


18

  
  まるで遠足前夜の子供みたいに、そわそわしているおむすび隊。


19

 
   あなたもきっと、同じはず。


20


   私の人生を楽しくするのに、大金はやっぱり必要ない。


21


   こうして無駄口を叩き合いながら、
   一緒に歩いてくれる人がいれば結構、幸せにやっていけるんじゃない?

   なんて、思ってみたりの乾徳山。 続きます ^^。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   乾徳山 1
   乾徳山 2
   乾徳山 3
   乾徳山 4
   乾徳山 5
   日帰り温泉 笛吹の湯