baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。



1


   こんにちは、ふく太朗です。
   2016年の秋は 短め とニュースで言ってましたけど、
   本当かな?

   占いも良いことしか信じません。


2


   やっぱり青空はいい!
  

3


 人目も憚らず 「 青空ばんざぁ~い♪ 」 と、声に出してしまい先客に笑われました。


4


 ほんのひとかけら残っていた 乙女の恥じらい が、最近薄まってきた気がします。 モトモトアッタカ?
   

5


   登山者が多いお山では、ザックの大きさで小屋泊かテン泊か、日帰り仲間か?
   勝手に推理してしまいます。


6


   山にまで来て、なにしてんだか。。。って、思いました?


7


   ゆっくり登ってくる 「 同行者待ち 」 の時には、漏れ聞こえてくる会話に耳を傾けたり
   野鳥観察ならぬ、人間観察をしている私です。
   

8


   山でないしょ話をされる際は、ふく太朗にご注意下さい ^^。


9


   風景写真を撮りながら、ゆっくりゆっくり登ってくる同行者。


10


   豊かな時間 って、こういうことなのかもしれません。


11


   「 速く 速く 一刻も速く 」 の真逆の時間。

   
12


   もう一段高い、小屋横から写真を撮る人が多いけれど、
   私はここからの眺めがいっち好き ^^。


13


   小屋も少し下から見える この感じが実は一番だと思うんです。

  
14


   さぁ、少し混雑してますが行ってみますか♪


15


   ザックを下ろして空いてるテーブルで休憩です。


16


   うわぁー 目に毒だぁ。。。


17


   段々と小屋前が賑やかになってきましたよ。
   小屋の受付が追い付かず、外で待つ登山者たち。
   50人くらいかなぁ?

   でも、イライラしてる人はいません。
   みんな一日が終わったような、のんびり顔です。


18


   じゃ、おむすび隊はごはんにしましょう。
   今日は、同行者の好物を仕込んで参りました ^^。
   保冷剤の下には、お素麺です。
   ちょっと面白いかなぁ って。ふふふっ


19


   そして、こちらは肉巻きおむすびに甘い玉子焼き。
   「 おいしいね 」 って、当たり前ですよ。愛情が詰まってますから。


20


   お腹がいっぱいになったら、山頂まで行ってみましょう。



   次回、下山編で終わります。もう少しだけお付き合い下さい ^^。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   燕岳 1
   燕岳 2
   燕岳 3
   燕岳 4