baner01(人∪`*)アリガタヤ


1


   地獄のぞきを横から眺める、こんにちはふく太郎です。
   ロープウェーイが到着すると、あっという間に混雑し・・・


2


   出発時間になると、誰もいなくなる。


3


   おむすび隊は、下山もトコトコ行くことにしました。


4


   大仏広場の一角には、様々な願いを込められたお地蔵さんが沢山。


5


   ちび達にお守りを頂き、なぜか?隣にに並べられていた梅干しも買ってみました。


6


   休憩スペースをお借りして、おむすびタイムにしましょう。
   スープジャーにはおでんを詰め込んできましたよ。


7


   おむすびの具は、生姜を薄くスライスして佃煮+胡麻です。
   これいけます。

   
8


   電車の時間があるので帰りは少し、早足です。
   乾坤稲荷を抜け、、、と書きつつ、読めますか?
 
   けんこんいなりと読むそうです。
   あっ、そうだ。ここは乾坤山日本寺でした。
   陰と陽、天と地を表すそうです。


9


   荼枳尼天か、あぁ、だから広場にインドから送られた石柱と苗木があったのか。


10


   日本寺を出てから、のんびり歩くこと数分、びっくりしたのがこの看板。
   仁王門から、安田駅までおよそ約40分なんて・・・帰宅後に知りました。
   ( 日本寺案内図だと、すぐそこみたいに描かれてますけど?)

   走った、走った。
   同行者を置き去りにして、猛ダッシュ。

   
11


   電車の時間まで、15分。
   

12


   1時間に1本だと聞いていたので、走った走ったおむすび隊。
   

13


   あれっ? 案内所で4時30分だと聞いたはずの電車がなぜか4時41分になってますけど。
   なんだよぉ~、走らなくても間に合ったんじゃないの~


14


   まぁ、無事ついたからいいっか。


15


   山では道に迷い、最後までいろいろ盛りだくさんな1日でした。
   帰宅後、どこでどう間違えたのか反省会を開きます。


   最後までお付き合い頂きありがとございました。


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   鋸山 1
   鋸山 2
   鋸山 3