baner01(人∪`*)アリガタヤ


1


  素晴らしい景色のその向こう側。


2


  待ってても来ないから、こっちから行くしかない。
  だから行くのかなぁ。うん。


3


  あっ、これ、風が吹くたび濃くなる硫黄臭。
  って、ことはそろそろですか?


4


  これが、北峰と南峰の間にある火山湖ですか。
  期待してなかった(笑) せいもあり、ちょっぴり感動 ^^。


5


  ぐるり360度、どこを切り取っても絵になるなぁ~。


6


  とか、言っといて・・・。


7


  下山後は、ほとんど何にも覚えてない。


8


  だから、また登りたくなるのか、登りざるを得ないのか。


9


  ちなみに、同行者がいろいろ覚えてます。助かります。


10


  雲は風になって、体を吹き通ってゆきます。


11


  あったかいスープでも、飲みますか ^^♪


12


  はいっ、おむすびですよ。


13


  こっちは、梅と胡麻を混ぜ込んでます。具はおかか。
  山で食べるおむすびは、ちょっと手間をかけると楽しくて嬉しくて、美味しいです。


14


  山頂へ登る登山者が増えてきたので、ここはコーヒータイム。


15


  列が途切れたら、いざっ、参ろう。


16


  掴んだ岩ごろ、動きますよっ!! 気をつけて!
  確実に、慎重に、いきましょう。


17


  はぁ~^^、緊張しましたね。

18


  あらっ、意外とこじんまりとした山頂なんですね。
  山ごはんするには、ちょっとなぁー って雰囲気です。


19


  あっ、一組だけ!ピクニックのような山ごはんをしてた、してた。
  みんな何を食べてるのかなぁー って、結構見てますよ、私。 (笑)


20


  外食でも、隣のテーブルが気になるタイプです。
  いやしん坊です。。。って、後ろから 「 ストップ! 」の声がかかります。
  ちょっと覗きたかったけど、やめときましょう。

  
21


  ガスっちゃってましたが、楽しい山頂でしたね^^
  じゃ、そろそろ行きましょうか。



  お付き合いありがとう。下山編へと続きます。


  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  予告編
  焼岳(新中の湯ルート) 1
  焼岳(新中の湯ルート) 2
  焼岳(新中の湯ルート) 3