baner01(人∪`*)アリガタヤ


1

   長いこと、お邪魔してました。
   じゃ、そろそろいきましょうかね ^^♪


2

   続々と登山者が・・・いませんね。
   ゆっくりいきましょう。


3

   降り注ぐ日差しが眩しくて、嬉しくて、これほど楽しいこはございません。


4

   でもって、はい、めがね岩。


5

   さらさら歩いてしまうのがもったいないよね。


6

   人気のお山を敬遠しがちな私も、今日は来てよかったなっ♪

   
7

   お約束ですのでね、一応ねっ、はい、イルカ。


8

   山荘前まで戻ってきました。
   とても雰囲気のある燕岳山荘、いつかいつかね。


9

   さぁ、元気にいきましょう。


10

   薄っすらかかった雲の中を下山中。


11

   初心者でも登れる燕岳。もちろん、この時期限定ですが ^^


12

   危険な箇所や鎖場もなく、歩きやすい・・・うん、確かに上りはね。


13

   下山はね、滑るよ。 ここ、砂みたいにザラザラしていてズルッ ってしますよ。


14

   無事、合戦小屋まで下りました。
   日差しもなく、今は誰の声も聞こえず、ひんやりしてます。


15

   上りもここ、合戦小屋までがきつかったんです。
   ここから上は随分と楽に感じました。

   
16

   あぁー、尻餅ついてます。 膝にきてますね。


17

   頑張ろう、あと3、1キロ


18

   どんどん抜いてもらって、ゆっくりと下山中。


19

   時間はたっぷり残ってますから、いいんですよ。


20

   ついたぁ~♪ 無事に下山しましたね。良かった良かった ^^♪


21

   おむすびに助けられなんとか山頂まで歩くことができました。
   余計なことを言わず、見守ってくれる同行者に感謝です。
   最後まで、読んでくれたあなたにも ありがとう。


   ・・・で、終わらないんですよ。残念ながら。
   最後から戻ること3枚目の写真をよぉ~くご覧ください。
   指先に白いものが見えますか?
   
   転んだんです。で、岩で指2本スパッ と横にスライドした傷口からは派手に血が流れました。
   手当をする同行者の服にもボタボタ流れ落ちるくらいの出血。
   「 これは縫わなくちゃダメかも 」 の声にビビる私。
   まぁ、なんとかお医者のお世話にはならずに済みましたが
   一部、指の肉がえぐれたので痛みも続き、治るまで時間もかかりました。

   手袋をしていなかったのが、一番いけなかった。。。
   これからは手袋ちゃんとします。
   あなたもしてね。切ると痛いから。

   登ったお山の詳し行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   燕岳 1
   燕岳 2 
   燕岳 3 
   燕岳 4 
   燕岳 5
   燕岳 6