baner01(人∪`*)アリガタヤ


1

   
   何かがおかしいのはわかってるんです。
   けど、それがどこなのか? わかんない。


2

   
   今はただ、行けるとこまで・・・ ってそれだけ。


3

  
   「 行けるとこまででいい。」 と、それ以上のことは何も言わない同行者よ。
   ありがとさんです ^^


4

   
   励まされたり、まめまめしく言葉をかけられるの、いやなんです (笑)


5

   
   面倒くさいでしょう。けど、そういうやつなんです。
   えぇ、乗りかかったら皿まで です。
   諦めて下さい。


6

   
   って、あっー! あたしの水筒じゃん!!
   ちょっと拾ってきて。。。お願い。。。


7

   
   心拍数が上がりようもない、このノロノロ歩きで一滴の汗も出ていません。


8

   
   同行者もさぞかし涼しい顔をして、、、ない。
   同じ山を歩いている人とは思えません。


9

   
   今、思い出してもやっぱりおかしかったな。


10

   
   そして一番苦しかった、ここから10分。


11

   
   表情もない。 言葉もない。


12

   
   すぐそこなのに、頑張れない。 


13

   
   あと5分って、あと何分?


14

   
   帰り道のふりして下りちゃおうか (笑)


15

   
   やっと、やっと、やぁーっ と見えた合戦小屋。
   

16

   
   お腹は全然、空いてません。
   めずらしいことなんです。 山では町の3倍、お腹が減るはずなんです。
   な・の・に、、、。

   けど、食べる。 せっかく持ってきたんだから食べるよ。


17

   
   これが、正解♪ 大正解♪   
   ひとつ食べたらねっ、お腹なのか胃なのか、わからないけど楽になったんです。
   だからね、もうひとつ食べてみました。
   もっと良くなるんじゃないかって、思ったんですよ。

   えぇ、ひとつが正解でしたね (笑)


18

  
    同行者は、スイカらしいです。


19

   
   一切れ、800円。 大きいよ。


20

   
   あたし、果物全般あんまり好きじゃないんです。 
   特にスイカとメロンがだめ (笑)


21

   
   同行者、ひとりで食べきりました。


22

   
   この塩、メキシコから来てる って知ってた?


23

    
   綺麗なお手洗いをお借りして、ゆっくりさせて頂きました。


24

   
   さぁ、どうする? って、大丈夫!行けそうだよっ^^


25

   
   顔を出し始めたお日様に促され、私も頑張れそうです。


26

   
   多分、無理だろう っと思っていたので、ここからは嬉しくて楽しい登山になりました^^♪



   次こそ、山頂編です。宜しかったらお付き合い下さい^^。

   登ったお山の詳し行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   
   予告編
   燕岳 1
   燕岳 2 
   燕岳 3 
   燕岳 4 
   燕岳 5
   燕岳 6