baner01(人∪`*)アリガタヤ   

27

  本当は山頂で、山ごはん ♪ ・・・のつもりでしたが、今日は風が強すぎます。

28

    同行者の声も風に流され、よく聞こえません。
    お日様は出てるのに、寒過ぎ! (笑)
    ここじゃ、だめだっ。 撤退、撤退と、サッサと山頂を後にします。

29

    ここまで来れば大丈夫 ♪ 風もだいぶ弱くなりましたね。
    「 今日もお邪魔してます 」 と、手を合わせていたら・・・ ひょっこと、人影。
    本日、二人目の登山者はおむすび中のおじさんでした ^^

30

  確たる信仰を持っていない、おむすび隊も山の祠に手を合わせます。
    
31

   さぁ、今日は、いやっ、今日も急ぐ旅ではございません。
  
32

  先ほどのおじさんには、どうぞどうぞ と道を譲りのんびり行きます ^^♪

33

  ここ、見覚えがあるぞ! あそこまで行って、手を振るからね。

34

  同行者には物足りないでしょうが、こういうのんきな山歩きが好きです。
  
35

  「 あなたは、自分に甘過ぎる。そうやって楽な方を選ぶ 」 と
  高校の担任に言われたことあります。

2

   先生、相変わらずこんなでごめんなさい。 (笑)

3

   まぁ、人間そう簡単に変われるもんじゃございません。
   これはきっとそう、・・・ 体質・・みたいなもの? 

4

   ダウンを脱げるほど暖かくはないので、手袋や帽子で体温調節して進みます。

5

   ホォ~♪ ちょと眺めを楽しみます ^^
   今日は富士山、見えそうにないなっ。

6

   けれど、初心者でも 「 ちょっと行ってみようか? 」 と歩ける赤城山。
   やっぱり、おすすめです。

7

   もう少し、早ければ紅葉も楽しめます。

8

   おむすび隊は、見逃しましたけどね。

9

   いつきても、なんだかのんびりとしていて・・・さっぱりします。

10

   近所に住んでたら・・・ 忙しい同行者を置いて、ひとりでおむすび食べてます。 
   
11

   で、嫌味のように写メを送りつけてます (笑)

12

   さぁ、この先のベンチでおむすび食べましょう ^^♪


   ・・・ありがとう。 また続きます。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   赤城山 (霜月)
   赤城山(霜月)2
   赤城山(霜月)3
   赤城山(霜月)4