baner01(人∪`*)アリガタヤ


1

   太陽は顔を出さない一日でしたが、それでもなんとか持ち堪えてくれた
   そんな一日でしたね ^^

2

   去年の瑞牆山の山頂で聞いた雷鳴は、怖かった

3

   山で雨に降られたのは、あの一度きりだったかな? 
   勘弁してくれ・・・。 って、思いながらの下山でしたね 

4

   一段とガスが濃くなった頃、突然現れた雪渓
   う~ん、、、 正直、想像していたものよりだいぶ小ぶりで、ちっびちゃい!!
   私の感想ですよ

5

   「 やっぱり遅かったか 」 と残念がる同行者ですが
   それでも嬉しそうに集まる登山者

6

   みんなこれを目指してたんだね ^^

7

   ヤマケイの高山の花には、派手な色をしているがユリ類としては花は小形
   だと、紹介されている、こちらクルマユリさん
   花期は7月~8月ですが、まだまだお元気そうですね

8

   登ってる時は、トリカブトさえ見かけなかったけれど
   こちらではいくつも見ることができました

9

   「 ガスっちゃったから、サービスね ♪ 」 って、ことかしら? 

10

   かき消されていくように、なんにも見えなくなっちゃった
   残念だけど、また来ましょう ^^

11

   はいはい、どこのお山でも最後に出てくるから慣れましたよ

12

   そう、迂回路って必ず登らせるんだよね

13

   ここからが、とてもやっかいな道でした
   とにかく滑るったらありゃしない! 木の根も岩も土もアイスバーンのようにつっるつる

14

   追い抜きざま、私の目の前で派手に転んでしまったおじさん
   びっくりして声も手もでないふく太郎です

15

   けれど、幸いケガもなく、あっという間に姿が見えなくなっちゃいました

16

   いろんなお山で、滑ったと思われる大きな足跡をよく見かけます
   脚力で大事にはならないんでしょうが、私には無理! なのでチマチマ時間をかけて歩いてます

17

  そのスピードは 「 異様に遅いんで、お先に行って下さい 」 と、後ろの登山者に
  同行者がお願いするくらいです  (´д`*)ゞ

18

  言い訳がましいですが、怖いんですよぉー 滑るとさぁ、、、転ぶとさ、痛いじゃん?
  って、あれっ? どこ行った?

19

  冷たいなんてもんじゃない、10秒もこうしていられないよ?
  大袈裟だと笑う同行者に、顔を洗うことを強要しました ・・・ 震えてました (笑)

20

   これなら、3時のバスには乗れそうですね
   ( ちなみに帰りのバスは、1時・3時・4時の3本です )

21

   はいっ、ゴール ^^♪   と、いきたいところですがここは太平荘
   ここから、バス乗り場のある長衛荘まで歩きます

22

   一旦、登山道へ戻り車道に出たら、あれっ? バスとすれ違いましたよ?
   おむすび隊の乗る3時のバスにはまだ30分はあるはずです

   長衛荘前で、「 ちょうど今、バスが出たところだよ 」 とおじさんに声をかけられ
   「 そうなんですよっ、今そこで・・・ 」  って、臨時バスが出たそうです
   だけどね、臨時バスが出るかどうか登山者には知る手段がないみたい・・・。
   行きのバスでもアナウンスはありませんでした
   北沢峠の切符売り場で聞けば、わかるのなぁ・・・?

23

    日帰り登山の皆さんは、どうぞ乗り遅れないようご注意下さいね ^^


    無事、下山しました。 お疲れ様でした ♪

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   完敗中
   仙丈ヶ岳 1
   仙丈ヶ岳 2
   仙丈ヶ岳 3
   仙丈ヶ岳 4