baner01(人∪`*)アリガタヤ


1

  ブツブツ言いながらも小仙丈ヶ岳を後にした、ふく太郎です。こんにちは ^^

2

  わずか1時間という、短い睡眠時間のせいもあり、絶不調でした
  
3

   てっぺんは、ほらっ ! すぐ ・・・ そこ ・・・ なはずです。

4

     まぁ、いいです 

5

   変わりやすい山の天気は、たまに信じられないようなラッキーを演出してくれますから ♪
   もちろん、反対のアンラッキーもありますけど・・・。

6

   一段と濃くなるガスですが、足元はしっかり見えてますから怖くありませんね

7

    たまに吹く風が思いのほか強めですから、帽子のあご紐だけ締めときましょうか
    
8

   さっきまで、こんな曇った日に登るくらいなら、うちで寝てた方がマシだろ っと
    
9

   「 このガス、誰のせい? 」 などと、醜いなすりあいをしていたおむすび隊

10

   けどねっ、違ったんですよ

11

   酔狂なのは、私たちだけじゃなかった
   ここで、まさかの 「 すみません・・・ あと13人来ます 」  団体さん登場です (笑)

12

   小屋泊だったようで、
   笑い声がよく響く、年配の女性が中心の賑やかさんにガイドが3名
   こういうガイドさんなら、私もお願いしたいなぁ ♪ 

13

   薄ぼんやりと見えていた山頂は、すぐ近くです

14

   あっ~った ♪ 山頂ですよ
   あなたにお会いしたい一心でやって参りました

15

    がっかりな眺めではありますが、既に心得ておりますので大丈夫です
    無茶なお願いは致しません (笑)

16

  でもねっ、 行い正しいふく太郎さんですから ( 絶対違う ・・・ ここまで聞こえてますよ? )
  一瞬ですが、稜線とカールの姿を見ることができました (人∪`*)アリガタヤ

17

 サーモスのコーヒーと、プルコギを詰め込んだボリュームたっぷりのピタパンを食べて出発です

18

   甲斐駒岳も北岳も、南アルプスも、今回はお預け ^^ マタネ♪
   
19

   こればっかりは、人力ではどうしようもないもんなぁ 
   
20

   てっぺん目指しちゃうのも、性分なんだろうな ・・・ なんて自分だってね 

21

   おむすび隊は、ピストンではなく、周回コースで下山することにしました

22

   まずは、山頂から10分ほどの場所に立つ、仙丈小屋
   
   お借りしたトイレ( 100円 ) は、NO1 !!
   「 さすが、人気のお山は違うねぇ・・・ 」 と同行者も言ってました
   ( 素泊まり用に設置された自炊場もとても綺麗でビックリしました )

23

   小屋泊もテン泊もしてみたい ・・・キャンピングカー登山も、お遍路さんも
   おむすび隊には、まだまだやりたいことがたくさんあります ^^

24

   ふたりで最後まで遊び倒す! のが、私の目標であり、願いでもあります

25

  「 山さえ選べば、一生続けられる登山って素晴らしいよね !? 」
  「 そうだよねぇー !! 」  と、バカッぽいふたり組を見かけたら、それはきっとおむすび隊 (笑)

26

  そして紫濃い、きれいな花だなぁ ・・・ と見つめているのは、アホ太郎
  「 それっ、トリカブト、たぶん猛毒のミヤマトリカブト 」
  これが、そうなんだ ・・・ って、あっちこっちに咲いてるんですね

27

   馬の背ヒュッテまでは、1時間ちょっとです
   
28

    そう、仙丈小屋の外の水道は水不足の為、締めてありました

29

   足早に小屋前を通り過ぎたわけは ・・・、この先にある雪渓が見たかったからです

   
   はりきって、下山中 ^^♪ 続きます。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   完敗中
   仙丈ヶ岳 1
   仙丈ヶ岳 2
   仙丈ヶ岳 3
   仙丈ヶ岳 4