baner01(人∪`*)アリガタヤ





  ちんたら更新中なのであります (´∇`)ゞ




  仙ノ倉山を眺めながらの朝ゴハンは、最高でコーヒーもお代わりしちゃって (笑)
  この時点で同行者も諦めたようです




  「 じゃ、またね、仙ノ倉山さん♪ 」 って前回も、えぇ、行きませんでしたねぇ (´д`*)ゞ
  




   いつか、行くかな?




   おむすび隊は早々に下山ですが、山頂には沢山の登山者です




   静かな時間を過ごしたい、そこのあなた! 早起きしましょう♪




   前回もこの松手山コースを歩きました
   逆周りの登山者も多いのですが、私はやっぱりこの道は下山にしたいです




   それはねっ、あの緑の稜線歩きが好きだから




   このずっーと続く木段は、はっきり言って飽きます (笑)




   歩きやすいのは、間違いないんだけど・・・。
   これを山頂まではしんどい! って思うんだよなぁ?




   まっ、どちだっていいんですけどネ 




   コースタイムでは、平標山ノ家まで35分とありますが
   途中ワタスゲなんかも出てきて、同行者ものんびり写真を撮ったりして
   お結び隊は50分ほどかかってます (*´σー`)

   



  去年は買えなかった、山バッシを購入 




  さぁ、下りますよぉ! って、まだ10時前ですから登ってこられる方々に
  「 もぅ? 山頂は行ったの? 」 って、何回か尋ねられましたヨ 





   早朝から、はりきり過ぎたかしらねぇ? (笑)




   「 いいんだよ、人が多いと写真も撮りづらいしさっ 」
   私以上に、人混みがダメ!な同行者が、一人納得しています




   
   雲の流れは速いけど、空の機嫌は良好




   この日は、日差しが強くてちょっと目がくらみそうでした




   「 階段ってこんなにあった? 」 って、あなたナニ言ってるの?
   ずっーとだよ? ほとんど最後の方まで、これだよ?




  ちょうど一番、暑い時間帯でしょうか?
  すれ違う登山者皆さん、辛そうです ヽ(´―`)ノ ガンバレ!




  「 平標ノ家はもぅすぐ? 」 と、息が上がってるオジサマ
  ウーン、、、ここからだとまだまだ、一時間はかかるんだけど と答えに詰まってる私の横で 
  「 まだ、あと一時間はかかります 」 と同行者




  明らかに落ちたドヨン顔で、「 そうですか・・・。」
  
  少し進み、二人っきりになったところで
  「 確かに間違ってはいないよっ、だけどさぁ、あれじゃ気の毒だヨ 」
  「 どうしてさ? だって、もうすぐですって言っちゃったら
  全然着かないじゃないか! って思うでしょ? 」

  確かに間違った情報なんかいらないし、迷惑なだけ
  軽く簡単に大丈夫! だなんて言っちゃいけないのがここのルール

  

 
  だから、「 山頂には沢山、お花が咲いてましたよ 」 って言ったんだ
  あれはあなたにしては気が効いてたよネ (*´ー`褒)。
  



  さて、さてココからは去年、長く感じた林道歩き




  どうせ小一時間はかかるんだもの、気晴らしがてら遊んでます
  



  下山時、膝の負担を考えて歩いたんだけど、やっぱりそれなりの疲労感が出てきてます
  だから、いつもの様にのんびり行きましょう♪




  
  「 あっ、ココ、去年は工事してたよね。こうなったんだね 」




   そうそう、終わりそうで終わらなくて




   精神的に堪えたんだよねぇ・・・(笑)

  


   でも、二度目だもんね!




   ほらっ、着いた♪




   って、あれ? 違うじゃん !! まだじゃん、、、。




   着きそうで着かない駐車場まで、お願いします




   ハァ~ 、やっと見えた駐車場ですが 



   うわぁー、満車じゃん !! 人気のお山、平標山さんお世話になりました^^


   ・・・最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

  登ったお山の詳しい工程はこちら(*⌒ー⌒)v
  平標山にて 6月
  平標山( 6月) 1
  平標山( 6月) 2
  平標山( 6月) 3
  平標山( 6月) 4
  平標山( 6月) 5