baner01(人∪`*)アリガトウ♪



  さぁさぁ、どんどん行こう♪ 
  って、長くなってすみません。。。
  愛情深いそこのアナタ、いつもありがとうございます。




  ハイッ、ここが天狗のひょうていです
  ちょっと登ってみます




  ご覧のように足場があります




  気分だけは一丁前 (笑)




  だぁ~れもいない、同行者と貸切です




  じゃ、アッチの大砲岩行ってくるヨ




  なんて言ったものの・・・




  足をかけられそうなトコが見つからず、やってみたけど登れませんでした




  前に横にと回り込んで、覗き込んでみましたが
  今の私には無理でした (´д`*)ゞ




  じゃ、同行者の元へ戻りましょう
  ( 同行者はココまででもハラハラした…って、心配かけました。ゴメンナサイ )
  登れなかったクセにエラそうですが、イチかバチかの勝負はなしです
  ムリかな? って感じたら、執着しないで止めましょう^^♪
  


  「 最後は腕力で体を引き上げる 」
  「・・・はい」
  ココ降りるのでさえ危うんだもん、到底ムリな話です  (*´σー`)オハズカシイ




  はい、第四石門です
  



  ココが一番ニコニコだった同行者
  私はわりとアッサリです




  みっ、見てるだけですよっ




  ココ、中間道はこんな感じの休憩場が多いので山めしをするのには困りません




  そして、まだまだ出てくる階段です




  膝や股関節に不安がある方には、ゆっくりゆっくり ^^
  ところで私はストックを長く出し過ぎだと、注意されるんですが
  この方が歩きやすいことがあります。
  「 黄門様みたい 」と同行者は笑うんですケド




  昼近くなってから、登り始める登山者も多いみたいです
  頂上を目指すのではなく、同じ場所を繰り返して登っている人もいました




  さぁ一旦、車道に出ます
  ココから一本杉のある山道を目指します
  すれ違った女性は「 あそこを歩いて戻るのは嫌だ 」って (笑)




  ガイド本には全部で1時間くらいとありました




  危険箇所もなく、歩きやすいので苦にはなりません




  オバ様たちが、楽しそうにおしゃべりしながらハイキング♪
  ほっ~と緩んでのびのび歩けるのが気持ちいい




  こんな場所はお互いそれぞれ、好きなように歩いてます




  花を愛でるなんて、めずらしい




  カタクリしか知りません (笑)




  東屋が見えました
  ココで山ごはんにしましょうか♪


  
  ・・・続きますがもう少しです、頑張って^^!

  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  妙義山にて 中間道
  妙義山 (中間道) 1
  妙義山 (中間道) 2
  妙義山 (中間道) 3
  妙義山 (中間道) 4 山めし