baner01ランキングバナーです



  このお山の下調べをした際、雪があるかも…と知ったので
  ビビリながらも、準備はしてきました



  この程度の雪なら
  軽アイゼンは必要としない方がほとんどでした
  


  なので、凍っていてスリップしそうな怖い場所だけの使用^^
  


  不慣れな足元に戸惑いながも慎重に登ってきました
  すれ違った男性に「 鹿島槍ヶ岳がきれいに見えますよ 」
  教えて頂き、とても励みになりました^^
  


  登山に眺望を求める人には、おすすめ! とガイド本にあったけど
  本当に素晴らしい景色に囲まれます
  でも…
  山頂には冷たい風が吹いていて手がかじかんできます



  冷え切ってしまう前に、山荘まで戻ります



  日帰りするのが、本当はもったいないけど
  今回はココでお別れヾ(´ω`=´ω`)ノ



  ゴンドラとリフトで楽ができましたが、
  運転時間内に戻らなければいけない唐松岳です

  下山が苦手で雪の経験も少ないので時間の目星がつくまで
  山ごはんはおあずけです



  上りで見た雪もだいぶ解けてなくなっていましたが
  日陰部分は解けずに氷になっていました
  「 慌てなくていいから、ゆっくり進んで 」と同行者の声
  


  凍った木道が終わり、少しホッ!としたんですが
  こういう時に蹴躓くコトが多いですw(゚o゚)w ワォー



  いいカメラは持っていないので、この目にしっかり焼き付けます(笑)



  あっ、まだ凍ってる!



  このペースなら、山ごはんもできるよね? 



  時間も気になりますが、消耗しないように歩きます
  


  やっと、お結びを食べた場所まで辿りつきました
  ここまで来れば、大丈夫だよね?
  山ごはんができそうです^^

  ・・・続きます

baner01ランキングバナーです

登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
唐松岳にて
白馬八方温泉( 足湯 ) 和の湯
唐松岳 1
唐松岳 2
唐松岳 山ごはん
唐松岳 4