baner01ランキングバナーです




  改定版リゾットは宿題にした、山ごはん
  また来るね^^ と勝手に約束をして出発



  向かうはまず、平標山ノ家です
  すれ違う人も滅多にいないから、本当に静かです



  紅葉時期は混み合う…って想像しずらいね(笑)
  


  天候次第で山の印象はガラリ と変わる
  この日は文句なしのはなまる



  小一時間、ゆっくり歩いて見えた平標山ノ家
  


  流しっぱなし? 雪解け水が湧き出しているんだって



  またもやっ! 気持ち良さそうに顔を洗う同行者  
  

 
  下山後、ココのこと調べました
  5月~10月は有人・25名収容・宿泊は事前予約
  平標山から谷川岳間は上信越高原国立公園特別保護地区の為
  幕営( テント )禁止

  避難小屋部分は、宿泊可能人数・約10名
  素泊まり協力費¥1500( 寝具なし )



  あなたのハズレも
  もちろん私のもお役に立ってるみたいです(笑)



  こいう鐘って、いつ鳴らすの?
  緊急時? 
  



  薄っすらと見えるのは、以前あった巻き道
  植生保護の為、現在は通行禁止
  


  トイレ入り口の上に見えてるステンに
  梯子をかけて出入りするんだと聞き、納得!

  ( ちなみに…珍しく山でトイレをお借りしました
   驚くほど清潔でした )



  じゃ、ここから平元新道で一気に下ります



  地図にも、木の階段が続くって書いてあるけど



  本当にでした(笑)
  自然歩道まですっーとです
  


  木道や木の階段って、二種類あると思いません?
  助けになる時と嫌がらせにしか感じられない時とさっ



  歩幅がピッタリで私は、楽に下山できました^^



  この自然道を1時間くらい歩いて、駐車場に戻る



  のが、長く感じるの



  だって…
  ダチョウ俱楽部の竜ちゃんみたいな気持ちになっちゃたんだから



  先週の台風の影響で、迂回コースになってたんだもん



  そう、仕方ないのはわかってる
  わかってるから、黙々と歩いて歩いて…まだぁ??
  


  やったぁ~! やっと着いた!!
  で、この日も無事に下山できました^^

baner01たまにでいいので、押して下さい

登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
平標山にて
平標山 1
平標山 2
平標山 3
平標山アクセスデーター