登山記録
2011年9月天気晴れ

登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
富士山にて 2011
富士山 吉田口1
富士山 吉田口 2
富士山(吉田口五合目)アクセスデーター

コース概要

総歩行時間約12~13時間位(休憩、お鉢周り時間含む)
距離:登り7.5k 下り7.6k お鉢巡り3k
標高
富士スバルライン五合目駐車場

五合目(標高2300m)
佐藤小屋
富士山大社小御嶽神社
富士山みはらし
里見平・星観荘

六合目(標高2390m)
富士山安全指導センター
穴小屋(標高2435m)

七合目(標高2700m)
花小屋(標高2690m)
日の出館(標高2700m)
七合目トモエ館(標高2740m)
鎌岩館(標高2790m)
富士一館(標高2810m)
鳥居荘(標高2865m)
東洋館(標高2900m)

八合目(標高3040m)
太子舘(標高3030m)
蓬莱館(標高3075m)
白雲荘(標高3200m)
天拝宮
元祖室(標高3250m)

本八合目(標高3380m)
富士山ホテル(標高3350m)
八合目トモエ館(標高3360m)
胸突江戸屋(標高3360m)
八合五勺 御来光館 (標高3450m)

九合目(標高3570m)
久須志神社
吉田口頂上(標高3710m)
剣ヶ峰(標高3776m)
須走口下山道

江戸屋(標高3265m)
・七合目WC(トイレ)(標高2640m)
・六合目(標高2390m)
富士山安全指導センター
・富士スバルライン五合目駐車場

★メモ

富士山登山には静岡県側で(富士宮口・須走口・御殿場口)、
山梨県側で吉田口があります。
今回は山梨県側の吉田口登山道(五合目)より山頂を目指しました。

9月の閉山直後ですが、山小屋も営業していてトイレも利用できます。

深夜に到着した駐車場は第一と第二駐車場は9割位は埋まっていました。

日の出前の出発なので、
登山道へは真っ暗闇の中をヘッドライトを頼りに進んで行きます。

登山道は滑りやすい坂道、岩場などでてきますが、ゆっくりと進んでいけば難しい所はありません。

五合目から登っていくと標高をあまり感じませんが、
スタート地点で2300mあります。

途中、気分の悪くなって横になっている方を見かけました。
無理せずゆっくりがコツです。

今回は、酸素も用意していましたが出番なしでした。

お鉢巡りは1周するのに1時間30分位かかります。
剣ヶ峰手前の馬の背の坂道は、滑りやすく転んでいる人を見かけました。
風も強く、途中にあった水たまりは凍っていました。

剣ヶ峰を過ぎた所からは、八ヶ岳、穂高岳、
遠くにちょこっと槍ヶ岳が見えました^^

下山は須走口下山道より途中まで下っていきます。
とにかく滑りやすい道なので注意が必要です。
マスク、ゲーターはあった方がよいです。

途中江戸屋で、吉田口と須走口が分岐するので間違えないように。

この日は天気に恵ましたが、山頂では風が吹き寒いです。

富士山での遭難や死亡事故もあるので、
十分な装備(雨具や上着、水分)をした方がよいと思います。


富士山の閉山時期や山小屋の営業期間については下記HPをご参照ください。
山梨県(富士山吉田口登山道について)
富士山吉田口旅館協同組合ホームページ


アクセス
公共交通機関

最寄り駅・・・富士急行『富士山駅』、『河口湖駅』
→富士急行バス「富士山五合目行き」終点まで
所要時間:約1時間


参考サイトyahoo路線、運賃検索
富士急行(夏期富士登山バスについて)

車の場合

中央高速道路『河口湖IC』→富士スバルライン(料金往復2000円・駐車場代込)

・東富士五湖道路『富士吉田IC』→富士スバルライン(料金往復2000円・駐車場代込)
東名高速御殿場IC下車で一般道138号経由、東富士五湖道路になります。
★コンビニは東富士五湖道路に入るまえにあります。
それ以降はありませんでした。

※富士スバルラインマイカー規制中は、東富士五湖道路 『富士吉田IC』東側の山梨県立富士北麓駐車場でシャトルバスまたはタクシーに乗り換え

山梨県 (山梨県立富士北麓駐車場について)
山梨県道路公社 (富士山有料道路(富士スバルライン)について)
富士急行(夏期富士登山バスについて)

参考サイト

高速道路料金・ルート検索 | ドラぷら


使用登山地図