2016年10月

尾瀬 4

baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。


1


   もう少しのんびり おむすびタイム をしたいところですが、
   肩先が冷えてきたので30分程で撤退です。


2


   いたぁたぁ・・・。


3


   幸先のいい滑り出しに泣きそうです (笑)


4


   強い風といっしょに頑張ります。


5


   素晴らしい眺望の小至仏山。
   手のひらを空に向け、何枚も写真を撮る同行者。


6


   実はこの時、男性3人組が私の前を歩いていました。
   最後を歩く男性はダブルストックで、少し足を庇っているように見えました。
   あまり近づくと追い立てているようで、
   気が引けるのでペースを落として歩きましたが、どうしても近づいてしまいます。


7


   3人の話を小耳にはさみながら歩きます。
   「 やっぱりハードワークだからさぁ、
   今月休みなかったから、完全にオバーワークなんだよなぁ 」 と、何度も何度も繰り返す。
 
   そう、明らかに私に向けての会話です。
   もしかしてこの人たち、張り合ってる?
   

8


   女に先を行かれたら、男が立たないとでも?

   
9


   面倒な殿方に、少々うんざり。
   

10


   振り向きざまに 「 お茶しませんか? 」 と誘ってみると
   「 いいよ、バスの時間も大丈夫そうだしね 」 とのってきた 同行者。


11


   目先の感情に流されることのない、この能天気な人にいつも救われます (笑)

   
12


   さぁ、今日もそろそろお終いです。


13


   って、バスを待つ人の半数以上が食べてる 花豆アイス あまっ!   
   皆で一緒にソフトクリームを無言で食べる光景が、可笑しくて可愛いらしくて。


   じゃ、季節を変えて、またね尾瀬さん。



   最後までありがとう。


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   尾瀬 1(鳩待峠~山の鼻)
   尾瀬2(山の鼻~湿原~至仏山)
   尾瀬3(至仏山)
   尾瀬3(至仏山~鳩待峠)

   

尾瀬 3

baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。



1


   秋はすぐそこまで・・・こんにちは、ふく太郎です。
   早朝のすっきりとしたあの匂いは、間違いなく秋のものでした。


2


   それが朝と昼とでは、こうも違うとはね。

   
3


   あちらこちらにカメラを向ける同行者を待つ間、ゴクゴクと水分補給。


4


   足りるか、水 お湯ならありますけど・・・


5


   この辺りから登山者の姿が見え始めます。


6


   歩みをゆるめ、たまに足を止め空を眺め、
   程よい距離感で進む おむすび隊 ^^。


7


   そしてこの辺りから、何度も何度もひつこいくらい現れる偽ピーク。


8


   律儀な私は、いちいち引っかかりましたよ。 もぅ、やんなちゃう。



9


   「 着いたねぇ~ 楽しかったね ♪ 」 と、満面の笑みで言われれば
   なんとなくそんな気もしてくるから不思議です。


10


   そして、またお腹も空いている不思議 ^^。


11


   ちょうど良さげな隙間を見つけ、おむすびタイムにしましょう。


12


   なんだこれっ? と、お思いの方もいらっしゃるでしょうが、これもおむすびなんですよ。
   山でなくても毎日おむすびを食べてる、おむすび隊。
   具はなんでもあり ^^。 そして、2~3種類の具を組み合わせて結んでます。
   炊き込みご飯やおこわは、おむすびにして冷凍庫してます。


13


   これは、ささみフライと塩昆布です。
   お醤油とわさびで食べるとおいしいそうです ^^。


14


   山頂までの登りは、約2時間。
   苦手な下山、頑張ります。




   歩く速さは、考える速度と比例する。 と、聞いたことがあります。 そりゃ、遅いはずだわ。


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   尾瀬 1(鳩待峠~山の鼻)
   尾瀬2(山の鼻~湿原~至仏山)
   尾瀬3(至仏山)
   尾瀬3(至仏山~鳩待峠)

尾瀬 2

baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。


1


   お初の尾瀬を満喫中のおむすび隊。
   こんにちは、ふく太郎です。


2


   山を染める紅葉にはまだ早い ということは、
   百も承知、二百も合点 ^^。


3


   その分、少しだけ静かな尾瀬を楽しめるんじゃないかな♪
   と、期待してきましたが・・・
   

4


   手頃なベンチを見つけたので、まずはここでおむすびタイム。

   
5


   今日のおむすびの具は、焼売+しその実です。
   食後のお茶も楽しんだら、また歩きましょう。
   

6


   長靴姿の調査隊の皆さん、なんだかとっても楽しそうです。
   それもそのはず? 美人なんだもの、、、って、そうでない者に僻みか (笑)


7


   ひっきりなしに現れる 歩荷さん。
   お邪魔にならぬよう気をつけます。


8


   待避所もあるんですね。

   
9


   お空の 歩荷さん ( ? ) 


10


   んっ、見覚えのあるタオル、、、って、同行者のじゃん!
   どなたかは存じませんが、ありがとうございます。


11


   上田代のちょっと手前でUターンし、至仏山へと向かいます。


12


   登り専用とのこと ^^。


13


   そう、水場はないのです。
   今日のおむすび隊は、凍らせたポーラのボトルとお湯、ペットボトルの計3本。


14


   気温はぐんぐん上昇し、秋はどこへ行ったやら。

   
15


  登り始めが10時20分と遅いせいか登山者もおらず、いつもと同じ静かなお山です。


16


   湧き水で蛇紋岩が滑ります。お気を付け下さい。

   
17


   後ろを歩く同行者に小さな秋を伝えます。


18


   湿原ですれ違ったご夫婦の奥様。
   「 ちっとも紅葉してないじゃないの 」 「 ちっとも面白くない 」 と、
   ご機嫌斜めのご様子でしたが・・・今頃は張り切って歩いているかな?


19


   おやっ、雨でも降りましたか。

   
20


   さぁ、おむすび隊も頑張りましょう。


21


   ところで、腰痛持ちの同行者。
   痛み止めを飲んではきたけれど、長い階段はきついようです。


22


    「 腰痛に効く体操 」 なんてテレビから聞こえてくると急いで録画して、
    翌日、ふたりでやってみたりして ^^。


23

 
   格好良く年を取る とか、素敵に年を重ねる とかは無理そうなので

  
24


   せめて仲良く年を取りたいなぁ と思います ^^。


25


   段差が大きい岩場では、お尻をグッ! と押し上げてもらったり


26


   何事もふたりで一人前のおむすび隊なのでね。



   まだまだ至仏山、頑張って登ります。お付き合い下さい ^^。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   尾瀬 1(鳩待峠~山の鼻)
   尾瀬2(山の鼻~湿原~至仏山)
   尾瀬3(至仏山)
   尾瀬3(至仏山~鳩待峠)


予告編

baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。


1


   しっぽのはなし ではなく、お山の話です。
   こちら番頭さんの ぽんちゃん です。

   行きの ぽんちゃん。


2


   帰りの ぽんちゃん^^。
   さぁ、どぉ~こだ?


   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編a>
   
両神山 1
   両神山 2
   両神山 3
   両神山 4
   両神山 5
   両神山 6
   

尾瀬 1

baner01(人∪`*)押してくれたら嬉しいです。


1


   こんにちは、ふく太郎です。
   ぼさぁ としてたら、季節は紅葉を迎えておりました。


2


   「 そうだっ! 尾瀬に行こう。 」 と、前日言い出したのは同行者。


3


   ふく太郎、初めて尾瀬に行くの巻。


4


  尾瀬戸倉から乗り合いバスに揺られること25分。意外と長く感じましたね。
   

5


   そんなことより驚いた尾瀬、寒い。
   乗り合いバスの案内をしていたお嬢さんも、
   「 甘くみてバイクで来たら鼻がもげそうだった 」 と話してました。

   お日様が出るまで、雨具を着て歩きます ^^。


6


   何気ない色合いが乙にすてきだこと。


7


  小さく一枚切り取って鞄にしのばせ、時間の空いた時に眺めたりして


8


   おいしい秋の山歩き。
   

9


   どこまで行くかは風まかせ (笑)


10


   今日は、別に登らなくてもいいよ。 尾瀬ハイキングで全然かまわないよ?


11


   私の声は届くのか? って、はい。 だめでした。


12


   そうです。
   とにかくどこかに登りたいのが同行者。


13


   いつでもどこでも楽をしたいのが、私。
   合ってるのか、いないのか? 
   良くはわかりませんが・・・。


14


    おむすび隊、解散! だけは避けましょうね ^^。


15


   もしも出会ってしまったら、ゆっくり静かに遠ざかる。 
   できる自信がありません。


16


   ふんわりお日様が顔をだしました。


17


   みんなどこへ行っちゃったんだろう? ってくらい、人の気配を感じません。


18


   少し立ち寄ってみましょう。
   中には熊のはく製が展示されており、その毛を触ることもできます。
   冬毛は1号ちゃんに似ており、夏毛は日本犬に近い感触でした。


19


   あっ、これかっ! あゆゆが食べた 花豆ソフト 。 
   ソフトクリーム、お好きですか?

   私は、それほど・・・でもない。


20


   のんびり歩いて、ちょうど1時間。 山の鼻まできましたね。


21


   一年を通して歩荷さんを見ることができるのは、尾瀬だけだそう。


22


    さて、どこまで行こうか?


23


   楽しそうな同行者。 のんびりいこう。


24


   向こうに見えるのは、 燧ケ岳。 でしたっけ?



   紅葉登山、どうぞお付き合い下さい ^^。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   尾瀬 1(鳩待峠~山の鼻)
   尾瀬2(山の鼻~湿原~至仏山)
   尾瀬3(至仏山)
   尾瀬3(至仏山~鳩待峠)

行ったお山
・2017年
菅平牧場から四阿山と根子岳 
高尾山(稲荷山コース)

・2016年
両神山(両神山荘~七滝沢~日向大谷周回)
尾瀬・鳩待峠~山の鼻~湿原・至仏山周回
燕岳(合戦尾根ピストン)
守門岳(保久礼小屋)
谷川岳(ロープウェイ)
御岳山~大岳山
鋸山・アドベンチャーコース(迷い)日本寺
大月~おむすび山~高川山~初狩、縦走
高尾山、薬王院に初詣

・2015年
羅漢寺山~白砂山~弥三郎岳~昇仙峡周回
安達太良山周回
菅平牧場~四阿山~根子岳
浅間山 雪
北横岳

・2014年
甲武信ヶ岳・西沢渓谷駐車場~近丸新道~甲武信小屋~山頂~徳ちゃん新道周回
戸隠山
妙高山(燕温泉から周回)
大菩薩嶺
かぐらスキー場~和田小屋~ 苗場山(祓川ルート)
美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸(周回)
焼岳(新中の湯ルート)
乗鞍岳
赤薙山
乾徳山
黒斑山
三ツ峠

・2013年
編笠山
中房温泉~燕岳(ピストン)
浅間山(浅間山荘~前掛山)
西穂高岳 独標
竜ヶ岳(夕方展望台まで)
榛名山
竜ヶ岳

・2012年
入笠山(〆)
赤城山 (霜月)
西沢渓谷・紅葉
高尾山ナイトトレッキング
浅間山荘~前掛山(リベンジ)
北沢峠~仙丈ヶ岳
大河原峠~蓼科山
八海山(大日岳ピストン)
蝶ヶ岳(三股からピストン)
武尊山(裏見の滝より)
平標山(お花畑にて)
湯ノ丸~烏帽子岳
鹿留山・杓子山.高座山
笠取山
塔ノ岳 
岩殿山
荒船山 ( 艫岩展望台まで )
妙義山(中間道)
赤城山(残雪・駒ヶ岳~黒檜山)
冬・黒班山(トーミの頭まで)
入笠山
北横岳(冬季)
三ツ峠入口~黒岳
竜ヶ岳
払沢の滝・浅間嶺(峠の茶屋まで)
毛無山
金時山 

・2011年
前掛山(浅間山荘コース)
赤城山(黒檜山)
麦草峠~天狗岳 
稲子湯~ニュウ~中山~中山峠~しらびそ小屋
石裂山 
乾徳山
唐松岳(八方尾根)
平標山
黒斑山(車坂峠・トーミの頭・蛇骨山・Jバンド・火山館) 
富士山(吉田口) 
大弛峠~金峰山
谷川岳(西黒尾根)
日光白根山 
北横岳・縞枯山・茶臼山
那須岳(朝日岳・茶臼岳) 
三頭山
瑞牆山
棒ノ嶺
御岳山・大岳山・鍋割山 
川苔山
筑波山
マピオン天気予報・山の天気
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード