2014年10月

苗場山 2(祓川ルート)

baner01(人∪`*)アリガタヤ


1


  こんにちは、ふく太郎です ^^。
  さぁ、ここからはもう少しですよ、頑張りましょう。


2


  やっと水気がなくなり、歩きやすいですね。
  急斜面ではありますが、手が入っているので危険個所はなさそうです。
  今日は鎖もおあずけです。 


3


  で、なんですかここは!?
  ここが山頂?  


4


  急に現れたもいいとこです。


5


  じゃ、人が少ないうちに山頂へ行ってみましょう。


6


  特に何があるわけでもない山頂ですが、まっ、記念です。


7


  今日は静かな山頂ヒュッテ。


8


  私には、この扉を開ける勇気がありません (笑)


9


  ちょっとぶらぶらしてみましょう ^^。


10


  雲が風がぐんぐんと流れていきます。
  青空が気持ちいいですね。


11


  中央にはおむすびタイムにもってこいな、ゆったりスペースの休憩ベンチがありますよ。


12


  ひとつ目は、梅とチーズおかか。


13


  二つ目は、梅と椎茸の甘煮です。
  あっ、昆布も入ってました。


14


  塩キャラメルラテと、お裾分けで頂いた焼き菓子も ^^。


15


  まわりの登山者さんは何を食べてるのかな? 
  盗み見たところ・・・カップ麺やパンの食後の、バナナを出す登山者が続出。


16


  そっか、バナナかぁー と、なぜか納得 (笑)


17


  どこまでも続いているような錯覚に陥り・・・同行者に呼び戻されたりしてます。


18


  自由時間ですから、いいんですよ。
  気の向くまま、足の向くまま ^^。


19


  いっぱい、目一杯深呼吸して静かな時間を楽しみます。


20


  まるで温泉に入ってるような、そんな気分ですね。


21


  山頂の第一印象は正直、驚きを通り越し不可解でしたけど (笑)
  段々と好きになっていきますね。


22


  おっ、来たね ^^。


23


  「 これから山頂に向かいまぁ~す。」
  「 休憩時間は? 」
  「 45分! 」
  だそうです。

  おむすび隊は下山です。丁度良い場所ですれ違うことができましたよ♪


24


  これなら、ゆっくり下山しても大丈夫です。


25


  が、やられました! なんと、もう一組いたんです (笑)
  ガイドの男性に、「 すぐ来ると思うんで、少し待ってもらえますか? 」

  ・・・。5分経ってもこない。
  彼らは登山道で記念写真を撮りまくる中、ただ突っ立ってること10分弱。
  やっと来ました。って、40~50代の校長先生待ちでした。


26


  「 お待たせしました。」 と、言ってくれたのはガイドさんだけ。
  ねっ、私の勘、当たったでしょ?



  さっ、気分を切り替えて行きましょう ^^♪

  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  苗場山 1(祓川ルート)
  苗場山 2(祓川ルート)
  苗場山 3(祓川ルート)

苗場山 1(祓川ルート)

baner01(人∪`*)アリガタヤ


1


  こんにちは、ふく太郎です ^^。
  硫黄岳から、約一ヶ月半ぶりのお山です。
  9月は一度も山歩きできなかったんだ! と、びっくりしたおむすび隊。


2


  一号の急性膵炎もあったし、週末は晴れマークなのに平日は曇ってばっかだったしね。


3


  ほんと、お久しぶりでございます。


4


  自宅を3時半ぐらいに出発して、高速で3時間くらいかかったんでしょうか?
  えぇ、私は助手席で耳栓して眠ってました。

5


  そうそう、駐車場にはどんどん車が入ってきてましたよ。
  ( 第2リフト駐車場が無料で30台くらいの駐車できます。)
  
  で、、中学生だと思うんですが40~50人ほど登山前の説明と準備体操を
  その駐車場で始めたんですよ。 もちろん、引率の教師の指導です。
  なんで、駐車場なんでしょう?
  おむすび隊も駐車する際すごく怖かったです。  
  どのドライバーもおっかなびっくり生徒を避けながら駐車して・・・。

  体操を終えた生徒はバス2台に乗り込み、和田小屋へ。
  ちなみに和田小屋宿泊者以外はこれ以上、車では進めません。


6


  先生、体操は和田小屋前のゲレンデで良くないです? 


7


  勘の鋭い ( ほんとか? ) 私、ふく太郎。
  なにやら、今日はいやぁ~な予感がいたします。


8


  あの団体さんとは、遠く遠くに離れた方がいい。 そんな気が致します。


9


  団体の後ろを、忍耐強く歩こうとしている同行者を 「 行くよ! 」 の一言で引っ張り出し、
  「 ごめんなさい。先に行かせて下さい。」 と、ちょっとお先に失礼しました。


10


  さぁ、賑やかな声が遠くなるまで、ちょっとペース上げ気味で行くよ!
  ガイド本では、下の芝まで1時間20分。中の芝まで足すことの40分。


11


  学生さんのおかげで、かなり時間短縮でここまで来ることができました ^^。
  ただね、このお空・・・。今日は晴れ晴れ隊のはずなんですけど。


12


  昨日は、月食満月でした。
  すれ違う小屋泊した登山者、皆さん口々にその様子を話して下さいました。


13


  「 昨日くれば良かったのにぃ~ 」 と、なぜか私より悔しがる女性もいて (笑)


14


  なんでも昨夜は100人くらいの宿泊者だったそうです。
  すごいなっ、月。


15


  で、この祓川ルートズバリ! 滑ります。


16


  登山靴が半分ほど沈む泥濘もあります。


17


  石も木も泥が乗っかり、滑りやすさ倍増。


18


  長靴で登ってる人もいて、かえって大変じゃないのかなぁ?
  どうみても、普通の長靴だよなぁ? (笑)


19


  えぇ、余計なお世話です。


20


  わぁ~♪ 空だよ!


21


  やったぁ~


22


  雷 清水 という湧き水を通り過ぎたら、雲が切れて青空が広がりました。


23


  さぁ、目の前のお山のてっぺんまで行きましょう ^^。



  どんどん行こう♪

  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  苗場山 1(祓川ルート)
  苗場山 2(祓川ルート)
  苗場山 3(祓川ルート)

硫黄岳 5 地蔵の頭~行者小屋~南沢~美濃戸

baner01(人∪`*)アリガタヤ


1


  長いことお付き合い頂きまして、本当にもう、ありがとね ^^。
  硫黄岳 第5段、完結編です。


2


  ここから行者小屋まですぐ! だそうですよ。


3


  この、すぐそこ! はなかなか曲者なんですけど・・・つい、信じちゃうよね。


4


  占いも、都合のいいとこだけ信じちゃう。


5


  だから、 「 ごめんなさぁ~い♪ 今日残念なのは、なんとか座のあなた 」 なんて
  言われると それがどうした、謝るくらいなら最初から言うな!


6


  えぇ、お山とは関係ない話です。


7


  あらっ、着いちゃった。 ほんとにすぐでした。
  おむすび残ってるよね? ここで食べちゃおう。なんて話していると
  「 きついですか? もぅ、沢沿いできたんですけど・・・わかりづらくて 」
  これから赤岳頂上山荘に向かうそうです。


8


  「 少し遅くなるかもしれない 」 と、山荘にTELを入れて元気に向かわれました。
  あのちょこんっ とのっかっている赤屋根の山荘に泊まるなんて、
  羨ましいなぁ~ いつか私たちも泊まろうね ^^。


9


  行者小屋から南沢を下ります。
  歩いてみて、あぁ、確かにこれはわかりにくいな っと私も感じました。
  初心者だから余計そう感じるのかもしれませんが、
  リボンもペンキマークも少な目です。


10


  初心者の皆さん、地図は持っていきましょう。


11


  なんかおかしいな? と感じたら、すぐに一度立ち止まりましょう。
  

12


  私は特に下山時、間違えます。 
  自分ではまわりも見ているつもりなんですが・・・やらかします。


13


  正しい登山道まで戻ってみると、
  どうしてここを進んだんだろ? どう見たってこっちだよ。
  なんてこと、よくあります。

  よくあっちゃいけないんですけど。


14


  ちゃんと、帰ろうね。


15


  今日もそろそろお別れの時間です。


16


  あぁ、見えたぁー。 美濃戸山荘です。
  ここまで来れば、やまのこ村さんはすぐそこです。
  お疲れ様でした。

  駐車場をお借りした やまのこ村さん、
  山荘からわざわざ出てきて、手を振り見送って下さいました。
  ありがとうございました ^^。



  最後まで一緒に歩いてくれたあなたにも、感謝です。


  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  予告編
  硫黄岳 1 美農戸~赤岳鉱泉
  硫黄岳 2 美農戸~赤岳鉱泉~硫黄岳
  硫黄岳 3 硫黄岳~横岳
  硫黄岳 4 横岳山頂~地蔵の頭
  硫黄岳 5 地蔵の頭~行者小屋~南沢~美濃戸



予告編

baner01(人∪`*)アリガタヤ


予告編


  挑戦状 
  
  うきうき隊殿 ど~こだ 。
  

  難度 ★★☆ くらいですか?

  
  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  予告編  
  妙高山 1
  妙高山 2
  妙高山 3

双葉SA ( 上り )

baner01(人∪`*)アリガタヤ

1


  赤岳の帰りに、こちら双葉SAへ立ち寄りましょうか ^^。
  懐かしい雰囲気の広い食堂で、お食事中の方は、ポツポツ。
  週末・連休は混雑するんだろうなぁ。


2


  なに食べよう?  


3


  同行者は、けんちん蕎麦と舞茸ごはん。


4


  あっ、蒲鉾が富士山だ ^^。


5


  なぁ~んとなくで、選んだのが から揚げ丼。
  自分で選んどいてなんですが、、、なんでこれにしちゃったんだ?
  次回はもう少し、考えよう私。
  お味は、不味からず旨からず・・・でした。


行ったお山
・2017年
菅平牧場から四阿山と根子岳 
高尾山(稲荷山コース)

・2016年
両神山(両神山荘~七滝沢~日向大谷周回)
尾瀬・鳩待峠~山の鼻~湿原・至仏山周回
燕岳(合戦尾根ピストン)
守門岳(保久礼小屋)
谷川岳(ロープウェイ)
御岳山~大岳山
鋸山・アドベンチャーコース(迷い)日本寺
大月~おむすび山~高川山~初狩、縦走
高尾山、薬王院に初詣

・2015年
羅漢寺山~白砂山~弥三郎岳~昇仙峡周回
安達太良山周回
菅平牧場~四阿山~根子岳
浅間山 雪
北横岳

・2014年
甲武信ヶ岳・西沢渓谷駐車場~近丸新道~甲武信小屋~山頂~徳ちゃん新道周回
戸隠山
妙高山(燕温泉から周回)
大菩薩嶺
かぐらスキー場~和田小屋~ 苗場山(祓川ルート)
美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸(周回)
焼岳(新中の湯ルート)
乗鞍岳
赤薙山
乾徳山
黒斑山
三ツ峠

・2013年
編笠山
中房温泉~燕岳(ピストン)
浅間山(浅間山荘~前掛山)
西穂高岳 独標
竜ヶ岳(夕方展望台まで)
榛名山
竜ヶ岳

・2012年
入笠山(〆)
赤城山 (霜月)
西沢渓谷・紅葉
高尾山ナイトトレッキング
浅間山荘~前掛山(リベンジ)
北沢峠~仙丈ヶ岳
大河原峠~蓼科山
八海山(大日岳ピストン)
蝶ヶ岳(三股からピストン)
武尊山(裏見の滝より)
平標山(お花畑にて)
湯ノ丸~烏帽子岳
鹿留山・杓子山.高座山
笠取山
塔ノ岳 
岩殿山
荒船山 ( 艫岩展望台まで )
妙義山(中間道)
赤城山(残雪・駒ヶ岳~黒檜山)
冬・黒班山(トーミの頭まで)
入笠山
北横岳(冬季)
三ツ峠入口~黒岳
竜ヶ岳
払沢の滝・浅間嶺(峠の茶屋まで)
毛無山
金時山 

・2011年
前掛山(浅間山荘コース)
赤城山(黒檜山)
麦草峠~天狗岳 
稲子湯~ニュウ~中山~中山峠~しらびそ小屋
石裂山 
乾徳山
唐松岳(八方尾根)
平標山
黒斑山(車坂峠・トーミの頭・蛇骨山・Jバンド・火山館) 
富士山(吉田口) 
大弛峠~金峰山
谷川岳(西黒尾根)
日光白根山 
北横岳・縞枯山・茶臼山
那須岳(朝日岳・茶臼岳) 
三頭山
瑞牆山
棒ノ嶺
御岳山・大岳山・鍋割山 
川苔山
筑波山
マピオン天気予報・山の天気
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード