2012年12月

赤城山 (霜月)  4

baner01(人∪`*)アリガタヤ   

1

   山ごはん、堪能しましたね?
   気軽に食べたかったらカップ麺だって、なんだっていいんです ^^

2

   あの山では、なにを食べたか覚えてる?
   「 どこで食べよう? って散々、迷って・・・ 」 一番寒いとこで食べたよね。

3

   「 富士山で食べたおむすび、おいしかったなぁ~♪ 」
   って、あれコンビニのだよ。

4

   おむすびのいいところ ・・・半分食べて、またあとで ができるとこ。
   スープやラーメン、お茶、なんならコーヒーでもいけるとこ。
   あと、意外と丈夫なところ。
   
5

  粉々に砕ける心配もありません。
  せいぜい、へこむくらいのもんです。
   
  そう言えばね、「 友達のお母さんのおむすびを食べられない 」 って人が増えてるんだって!
  「 それはどういう意味? 」 大概のものはおいしいっていうあなたには関係ないか (笑)
  
6

   階段続きで、楽チンで無駄話に花が咲きます。
   雪があったら、私は今日のコースの方がいいな ♪
   
7

   駐車場には、おむすび隊の車がぽつん! と一台見えてます (笑)

8

   今日も楽しい山歩きでした。
   お世話になりました、赤城山 ^^ また寄らせてもらいます。

9

   最後までお付き合い下さった あなたにも感謝です。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   赤城山 (霜月)
   赤城山(霜月)2
   赤城山(霜月)3
   赤城山(霜月)4

赤城山 (霜月)  3

baner01(人∪`*)アリガタヤ   

1

   そういえば、西沢渓谷も前掛山もおむすびとラーメンで済ませていた山ごはん。
   じゃ、久しぶりに鍋でもしましょう ^^ エッ? うん、いつも鍋です (笑)

2

   具はねっ、鍋に詰めちゃっていくんです。 
   コツはなるべくすき間なく具を詰めること ・・・以上!
   
   山で使う鍋って、形もサイズもたくさんありますから自分のお腹にちょうどいいものを探します。
   我が家には4~5コのコッヘルがありますが、大きい鍋は家でも使ってます。
   軽量だし、持ち手も折り畳めて便利です。
   
3

   おむすびでも食べながら、鍋が煮えるのを待ちましよう。
   あっ、今日はキムチ鍋ですよ。
   キュブ状になった鍋の素を2~3コ入れて煮込むだけ。

   白菜、葱、玉ねぎ、えのきだけ、ぶなしめじ、鶏団子、油麩、餅きんちゃく
   家にあるものをかき集めればOK ^^

4

   おっ、いい頃合 ♪
   
5

   ほかの具材からでたダシを吸った、こちら油麩。

6

   我が家ではおなじみの鶏だんご。
   まとめて茹でて、冷凍してます。 
   トマトスープやシチュー、うどん、酢豚の豚肉代わり ・・・便利です。
   茹でた際のスープでポトフをしても、おいしいです。

7

   「 うっ !! ちゃんと辛いよ 」 と慌てる同行者。
   大袈裟だなぁ~ こういうのは子供でも食べられるようにできて ・・・ない。(笑)
   私は辛い物好きでへっちゃらですが、苦手な方お気をつけ下さい。
   
8

   最後の一滴まで飲み干して、( 私が ) ごちそう様でした。
   ヒッーヒー 言ってるそこのあなた、コーヒー もう一杯飲みます? ^^

   
   ・・・じゃ、下山しましょう。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   赤城山 (霜月)
   赤城山(霜月)2
   赤城山(霜月)3
   赤城山(霜月)4

赤城山 (霜月)  2

baner01(人∪`*)アリガタヤ   

27

  本当は山頂で、山ごはん ♪ ・・・のつもりでしたが、今日は風が強すぎます。

28

    同行者の声も風に流され、よく聞こえません。
    お日様は出てるのに、寒過ぎ! (笑)
    ここじゃ、だめだっ。 撤退、撤退と、サッサと山頂を後にします。

29

    ここまで来れば大丈夫 ♪ 風もだいぶ弱くなりましたね。
    「 今日もお邪魔してます 」 と、手を合わせていたら・・・ ひょっこと、人影。
    本日、二人目の登山者はおむすび中のおじさんでした ^^

30

  確たる信仰を持っていない、おむすび隊も山の祠に手を合わせます。
    
31

   さぁ、今日は、いやっ、今日も急ぐ旅ではございません。
  
32

  先ほどのおじさんには、どうぞどうぞ と道を譲りのんびり行きます ^^♪

33

  ここ、見覚えがあるぞ! あそこまで行って、手を振るからね。

34

  同行者には物足りないでしょうが、こういうのんきな山歩きが好きです。
  
35

  「 あなたは、自分に甘過ぎる。そうやって楽な方を選ぶ 」 と
  高校の担任に言われたことあります。

2

   先生、相変わらずこんなでごめんなさい。 (笑)

3

   まぁ、人間そう簡単に変われるもんじゃございません。
   これはきっとそう、・・・ 体質・・みたいなもの? 

4

   ダウンを脱げるほど暖かくはないので、手袋や帽子で体温調節して進みます。

5

   ホォ~♪ ちょと眺めを楽しみます ^^
   今日は富士山、見えそうにないなっ。

6

   けれど、初心者でも 「 ちょっと行ってみようか? 」 と歩ける赤城山。
   やっぱり、おすすめです。

7

   もう少し、早ければ紅葉も楽しめます。

8

   おむすび隊は、見逃しましたけどね。

9

   いつきても、なんだかのんびりとしていて・・・さっぱりします。

10

   近所に住んでたら・・・ 忙しい同行者を置いて、ひとりでおむすび食べてます。 
   
11

   で、嫌味のように写メを送りつけてます (笑)

12

   さぁ、この先のベンチでおむすび食べましょう ^^♪


   ・・・ありがとう。 また続きます。

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   赤城山 (霜月)
   赤城山(霜月)2
   赤城山(霜月)3
   赤城山(霜月)4

赤城山 (霜月)

baner01(人∪`*)アリガタヤ   

1

   2012年 11月
   赤城の山も今夜限り、生まれ故郷の・・・なんとかかんとか・・・
   で、可愛いおめぇ達とも 別れ別れになるかどでだ・・・で、最後はなんだっけ?
   「 心の向くまま 足の向くまま? 」 あっ、そうだ、それだ (笑)

2

   それにしても、人気のない駐車場。
   大沼からの冷たい風に、背中を丸めて車道を歩くこと20分。
   よぉ~し♪ 行くぞっ! ・・・って、今回で3度目の赤城山。
   
3

   決して、信心深いわけではないけど、あの大きな鳥居が好き ^^♪
   そして赤城山がとても好き。

4

   けど、こんな強風の赤城は初めてです。

5

   ゴッー とか、ガッガッーと耳を塞ぎたくなる轟音に私、ビビってます。

6

   一瞬、風が治まりました。
   体がビクッ!! と震えるほど、大きな音が苦手です。
   子供の頃からなんで、一生このままなんだろうなぁ・・・。
   
7

   あっ、どうでもいい? 

8

   風さえなければ、空気もキリリと引き締まるこの季節の山は好きですよ。

9

   食べ物もおいしくなるしね (笑)

10

   足元には薄っすらと雪。

11

   枯れ葉と混ざって滑りやすくなっております。
   お足元には、ご注意下さい。

12

   今年、新たにつけられた赤テープならぬ、ピンクリボン。

13

   「 やっぱり、雪があった方が良かったんじゃない? 」 と同行者は言いますが

14

   やだよっ ! 前回、ここ下るの本当に怖かったんだよ。

15

   って、ことで今回は反対回りで歩いてます。
   今日はあの鉄階段を下りましょう ^^

16

   前回も前々回も、駒ケ岳から黒檜山へと歩きました。
   
17

   まぁ、コースタイム4時間弱とガイド本には紹介されてるお山ですから

18

   そう違いはない  のかもしれませんけど。

19

 5~6月下旬には、トウゴクミツバツツジやサラサドウダンなどツツジ類を楽しめるそうです。
 あっ、なんか喜んでます ってことはそろそろ山頂 ♪

20

   お花のことは、えぇ、もちろんガイド本の受け売りですよ。

21

   じゃ、黒檜山の山頂へ ^^

22

   今日は午後から雲が出る との、予報は大当たり。
   スッキリとはいかないけれど、まずまずですね ^^♪

23

   山頂も風は強く、日差しが届かない場所は寒い。 ので、お日様求めて移動中。

24

   賑やかなところ、人出の多いところを避けたがる、おむすび隊ですが
   こんなに登山者に会わない赤城は初めてです。

25

   さっきまでソロの男性が前を歩いていたんですが、突然のUターン。
   山頂手前で下山しちゃったんです。
   ハテ? どうしたんだろっ? 「 午後から用事があって、時間切れとか? 」
   
26

   今日はこのまま、物好きなおむすび隊の貸切か!?
   大袈裟に・・・つづきます (笑)

   登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
   予告編
   赤城山 (霜月)
   赤城山(霜月)2
   赤城山(霜月)3
   赤城山(霜月)4




   

甘楽サービスエリア 上り

baner01(人∪`*)アリガタヤ   

1

   おむすび隊には、おなじみの甘楽です^^
   前掛けの帰りに立ち寄りました。

2

   同行者は生姜焼き
   私が、かき揚げうどんとカレーのセットです。
   えぇ、ガッツリ!! ですよ。

3

   いろいろねっ、あるんですよ、ほかにもメニューは^^
   あっ、もつ煮込みは食べますが、もつ鍋は苦手です。

4

   カレーは、まぁ、予想通り (笑) ですが、うどんはおいしいですよ。
   はらぺこ男子でも満足できるボリュームです。

5

   こちらが、生姜焼きです。 彩りもきれいでおいしいそうですねぇ♪
   そうそう、「 ひと口頂戴 って、言われるの嫌!」 って人たまにいますよね。
   ごめんなさい、意地汚くて (笑)


   
登ったお山
・2018年
西沢渓谷(+)
秩父 国師ヶ岳(ご来光)すすきの乾徳山(月見岩)
紅葉、天狗温泉から浅間山
紅葉の那須岳(ひょうたん池)
平標山
秩父 芝桜の丘 ( 羊山公園 ) 琴平丘陵ハイキングコース
秩父・虎山の千本桜の後、美の山公園
埼玉夜桜見物
節分草園の後、大霧山ナイトトレッキング
長瀞~宝登山・蝋梅園
大山詣り 初詣

・2017年
丹沢大山〆
竜ヶ岳
大霧山( 定峰峠から )
西沢渓谷
初冠雪の黒斑山
表丹沢自然公園駐車場~鍋割山(迷い) 
乾徳山 
大菩薩嶺周回 
菅平牧場から四阿山と根子岳 
高尾山(稲荷山コース)

・2016年
両神山(両神山荘~七滝沢~日向大谷周回)
尾瀬・鳩待峠~山の鼻~湿原・至仏山周回
燕岳(合戦尾根ピストン)
守門岳(保久礼小屋)
谷川岳(ロープウェイ)
御岳山~大岳山
鋸山・アドベンチャーコース(迷い)日本寺
大月~おむすび山~高川山~初狩、縦走
高尾山、薬王院に初詣

・2015年
羅漢寺山~白砂山~弥三郎岳~昇仙峡周回
安達太良山周回
菅平牧場~四阿山~根子岳
浅間山 雪
北横岳

・2014年
甲武信ヶ岳・西沢渓谷駐車場~近丸新道~甲武信小屋~山頂~徳ちゃん新道周回
戸隠山
妙高山(燕温泉から周回)
大菩薩嶺
かぐらスキー場~和田小屋~ 苗場山(祓川ルート)
美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸(周回)
焼岳(新中の湯ルート)
乗鞍岳
赤薙山
乾徳山
黒斑山
三ツ峠

・2013年
編笠山
中房温泉~燕岳(ピストン)
浅間山(浅間山荘~前掛山)
西穂高岳 独標
竜ヶ岳(夕方展望台まで)
榛名山
竜ヶ岳

・2012年
入笠山(〆)
赤城山 (霜月)
西沢渓谷・紅葉
高尾山ナイトトレッキング
浅間山荘~前掛山(リベンジ)
北沢峠~仙丈ヶ岳
大河原峠~蓼科山
八海山(大日岳ピストン)
蝶ヶ岳(三股からピストン)
武尊山(裏見の滝より)
平標山(お花畑にて)
湯ノ丸~烏帽子岳
鹿留山・杓子山.高座山
笠取山
塔ノ岳 
岩殿山
荒船山 ( 艫岩展望台まで )
妙義山(中間道)
赤城山(残雪・駒ヶ岳~黒檜山)
冬・黒班山(トーミの頭まで)
入笠山
北横岳(冬季)
三ツ峠入口~黒岳
竜ヶ岳
払沢の滝・浅間嶺(峠の茶屋まで)
毛無山
金時山 

・2011年
前掛山(浅間山荘コース)
赤城山(黒檜山)
麦草峠~天狗岳 
稲子湯~ニュウ~中山~中山峠~しらびそ小屋
石裂山 
乾徳山
唐松岳(八方尾根)
平標山
黒斑山(車坂峠・トーミの頭・蛇骨山・Jバンド・火山館) 
富士山(吉田口) 
大弛峠~金峰山
谷川岳(西黒尾根)
日光白根山 
北横岳・縞枯山・茶臼山
那須岳(朝日岳・茶臼岳) 
三頭山
瑞牆山
棒ノ嶺
御岳山・大岳山・鍋割山 
川苔山
筑波山
マピオン天気予報・山の天気
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード