2012年02月

黒岳 1

baner01(人∪`*)アリガトウ♪


1

  2012年 2月 三つ目のお山はコチラ 黒岳さんです
  山名辞典によれば・・・
  標高1793m 御坂山地唯一の一等三角点をもつ んだそうです

  じゃ、今日も元気に行ってきます^^♪
  
2

  っていきなり、キモチを薄められるような寒々しい看板
  事前にわかっていたとことだけど・・・大丈夫かしら? σ(・д・мё))
  いろいろ気にしちゃうタイプなんでね


3

  
  超★初心者の私でも危険箇所の少ない山を選んではいますが
  それでもゼロ! ではないからね
  怖がりながらも一生懸命、登りますヨ



ボールペン?

  むむむっ… この×印はなんですか?
  展望台からそこをを下山するつもりだったんですが
  たぁ~くさんの×にあっさりコース変更です ( ̄Λ ̄)ゞ

体調良し♪機嫌良し♪

  登山前日はどうしても2~3時間しか眠れないんです
  が、体調はとても良く、珍しく登り始めも快調です
 
6

  可愛い鳥の声がすぐ側で聞こえます
  スズメと鳩、あとは鶴に燕くらいしか知らないけれど
  双眼鏡、欲しくなります

カレー・カツドンOKヨ

  登りながら、今日出会う登山者の数を同行者と賭けます
  負けた方が下山後の蕎麦やラーメンを奢るのです !o(⌒囗⌒)oΨ ゴチデス♪

お邪魔します

  「 今日一日、どうぞ宜しく 」の思いでタッチ★


メンドクサイケドネ ダイジヨネ

  ふっ~! 歩いて数十分、体が温まってきました
  面倒だし、タイムロスですが体温調節はこまめにする方です
  

10

  青空に期待が膨らみます


11

  少し進むと・・・誰の足跡でしょう? 鹿かな?


12


  んっ? 登山道の2/3が掘り返されています


13

  これは?


14

  猪のような・・・。アレのような・・・。


15

  ほじくり返され落ち葉がふかふかで落とし穴のようです
  足首を捻りそうな安定の悪い道になっています


16

  今まで感じたコトのない、不気味さです
  ひっくり返された私の頭くらいの岩も転がっています
  足跡の大きさは15~18cmくらいでした
  

18

  帰宅後いろいろ調べてみましたが、はっきりしたコトはわかりませんでした
  もしかして? 熊? 小熊? 
  お分かりになる方、いらっしゃいますか?


19

  大げさに熊鈴を鳴らし、辺りを警戒しながら
  もしも出くわしてしまったら・・・走らない、ゆっくりと後ずさり
  などの対処法を話しながら歩きます
  

おにぎりちゃん 17

  足跡から、どうも登山道から少し離れたようで
  この先には見当たりませんでした

  ハァ━(-д-;)━ァ...

  まだ ほっとしちゃダメ? なのかもしれませんが
  しばしのおむすび休憩です 頬張り過ぎでお恥ずかしい・・・。
  

20

  出会わないように、音を出すのがまずは一番
  出会ってしまったら? 
  近づいてしまったらアルマジロのようにうずくまるのがいいって本当?
  
  最後に動物園で見たのいつだっけ?


21

  旧御坂峠まできました
  ここまでコースタイムで一時間半 私は休憩込みで二時間弱です
  風が吹き抜け、積雪も増えたので上着をを着込み軽アイゼン装着 ( `_ゝ´)ゞ
 
22

  廃業した御坂茶屋を左に見て、黒岳へ進みます

23

  すっかり葉が落ちているおかげで、富士山が見えます^^
  でも山頂横の展望台からの眺めは、もっと素敵に違いない!
  

24

  誰も歩いていない雪道をひたすら登ります

25

  同行者こそスキーをやりますが、私はしません
  数回試しましたが、全く楽しめず・・・終わりました
  なので、今まで雪とは相性が悪いんだと諦めていました

  雪のドア、もう一度を開けてみようかな? ☆-ヽ(´ー`)ノ-☆
 

26

  傾斜はそれほどきつくなく、上りは楽に感じます
  
27

  降ったばかりの雪と軽アイゼンのおかげで
  私の心細さも、どこかへ吹き飛ばされていきます

28

  少しづつ好きになったモノとだけ、長く続くタイプなので
  山も急がずゆっくりいきたいと思います
  

29

  ストイックさのかけらもない山歩きそんな感じで、続きます (*'∇')

  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  黒岳にて
  黒岳 1
  黒岳 2
  黒岳 3

黒岳にて

baner01(人∪`*)アリガトウ♪




  2012年 2月 富士五湖シリーズ 
  第三弾は雪の黒岳 始まります  (^^)ゞ

  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  黒岳にて
  黒岳 1
  黒岳 2
  黒岳 3

三ツ峠入口~黒岳アクセスデーター



登山記録
2012年2月天気晴れ

登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  黒岳にて
  黒岳 1
  黒岳 2
  黒岳 3

コース概要

三ツ峠入口→旧御坂峠→黒岳山頂→展望台
往路を戻る

総歩行時間約4~5時間(休憩時間含む)

★メモ

富士山の見える山を探し、すそ野まできれいに見える黒岳に行ってきました。

前日に雪が降ったようで三つ峠入口まで行けない場合は、

大石公園から登るつもりでしたが、駐車場まで無事いくことができました。

旧御坂峠までは危険な所もなくひたすら登っていきます。

途中から積雪が増えてきました。

御坂茶屋の所で6本爪の軽アイゼン装着しました。

この時は雪でトレースもなく黒岳への道を少し探しましたが、

黒岳は見えているので迷うことはないと思います。

黒岳までは一度登りがあり、下った後に急坂になります。

相方が困った岩場は一か所でした^^;

そこを超えるときれいな樹氷の林になり、山頂に着きました。

山頂からの展望はなく、5分くらい行くと展望台があります。

富士山の写真は展望台からのものです。

河口湖方面に下って行く周回コースを予定していましたが、

入口看板でコースが消してあるのが気になり、ピストンに変更しました。

帰りは樹氷、旧御坂峠より下の雪も溶けていました。

平日ということもあり、誰にも会わず静かな山行になりました。

また、季節を変えて登ってみたいお山です^^


アクセス
公共交通機関

参考サイト
yahoo路線、運賃検索
富士急行
富士急山梨バスTOP

車の場合

中央道河口湖IC下車。富士パノラマライン(139号)→東恋路交差点右折で707号→
河口湖大橋→御坂みち(137号)→御坂トンネル手前を右折、三ツ峠入口駐車場
この日は天下茶屋まで通行可でした。


参考サイト

天下茶屋

高速道路料金・ルート検索 | ドラぷら


使用登山地図

竜ヶ岳 2

baner01(人∪`*)ドコノドナタカ アリガトウ♪




  自称、おむすびの会・会長のふく太郎です
  ( 天国にいるはずのじい様が福太郎っていいます。ちょっと今、借りてます^^ )
  ところで、冷凍ゴハンはどうもおいしくない・・・ので
  早朝、炊き立てのごはんでギュッ!! と5~6コ むすんでます
  


  今日は、竹の子ごはんです
  竹の子と干ししいたけは前日にでも煮付けておけば楽チンです
  山では普段より少し甘めの味付けです



  フードジャーには、スープカレーを入れてきました
  カレーと竹の子ごはんのおむすび?
  とんちんかんな組み合わせですが大丈夫、美味しかったです



  後ろから、「 こんにちは~♪ 」と声がして
  「 おっ、今日は聖も赤石もよく見えてますねぇ~ 」
  おしゃれなウェアーのオジ様の登場です
  
  友達も病気の人が多くてね、ひとりなんですよ 
  家にいても奥さんにうるさがられるしね  とニコニコ顔
  
  しかしこのオジ様、70歳を過ぎてらっしゃるそうで
  確かにこんな元気な旦那さんにずっーと家にいられたら
  「 山でも行けば? 」 って仏の私でも言うでしょう
  もちろん、愛ですヨ? 

辛いよー

  この冬、活躍しっぱなしのフードジャー
  温かいスープは疲労にも効果あり



  下山は、北側斜面になるので富士山は見えなくなります
  じゃ、またね♪



  山頂手前に分岐があります

あぁ、ガチガチだ

  本栖湖から吹く風も冷たく
  日当たりも悪い北側は、思ったよりガチガチだ…。

つるつるっだよ

  アイスバーンが本当に苦手で、最近じゃ、夢にまで出てくる始末



  この薄い雪の下は氷
  傾斜もあるので怖かった ・゚・(ノД`;)・゚・ で軽アイゼンの出番です

歩きやすぅ~♪

  ザクザクとしっかり氷を捉えてくれるから、安定感が違います
  


  なくてもいけるかもしれないけど、持ってるなら拒む理由もないんじゃない?
  ・・・って、コレは同行者の受け売り (笑)

当然だ!

  軟弱な上、欠陥だらけの初心者はアドバイスなんてできないけど

さぁ いけ ドンドン

  調子にのってしまえば、コッチのもの



  短い山歩きだけど、バラエティーに富んでいて竜ヶ岳 楽しいです


  
  氷がなくなり、階段登場
  でも、意外と壊れてる箇所が多いです
  子連れ登山や雨の日は、ピストンの方がいいかと思います



  ここからは、ハイキングコースの周遊歩道へ入ります



  たまに赤テープが見つからなくて、雪の日は注意
  本栖湖が見えているから、まぁ、最悪それが目印かな



  だいぶ下った感に ホッ! としてたら



  道がパツン! となくなってました
  丸太が1本かけられてたけど、私にはムリです 怖くて渡れません・・・。
  ので、上まで登ってぐるっと回り道



  ハァ~、びっくりした
  下調べしたけど、やっぱり来てみないとわからないことも多いよね



  最後まで気を抜いちゃだめだな
  
  ところでね・・・
  今日一日、何度もTシャツの首まわりをグイグイ引っ張ってました
  いつも着てるTシャツなのになぁ、なんか窮屈なだなって・・・


タグはいつも切っちゃうのヨ

  これだよ・・・。 後ろ前じゃん、寝ぼけてたのかな?



  まぁ、原因がわかってよかったヨ



  キャンプ場を抜けたら、ゴールです



  Tシャツの後ろ前には、皆様もお気をつけ下さい (* ̄○ ̄)ゞ

  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  竜ヶ岳にて
  竜ヶ岳 1
  竜ヶ岳 2

竜ヶ岳 1

baner01(人∪`*)ドコノドナタカ アリガトウ♪



  2012年 2月のふたつ目、竜ヶ岳です
  ココも富士山が見えるお山だそうで楽しみです



  本栖湖から冷たい風が吹き、冷気がたちこめています
  車にあった大判ストールをぐるぐる巻いて耐えろ気合だっ!!



  人気のない( にんきのナイじゃありませんよ )キャンプ場を抜け
  5~10分で登山口です


  
  いきなりです、竜ヶ岳
  徐々に…って言葉を知らない山です
  


  なんとなく歩いてる場合じゃありません
  だって、ココはあの毛無山のご近所さんの山なんですもん
  蘇るのは容赦ない上りオンリーなあの記憶



  もう少しで、同行者に殴りかかるとこでした(笑)
  初心者さん大丈夫です
  本当にきついのは初めの30~40分だけです
  ってコトで、今日も仲良くいきましょう♪



  枝の間から、まっ白な南アルプスの山々と本栖湖が見えています
  


  そして、主役の富士山です^^
  この単純さは短所であり長所でもある?
  


  今年も登ろうかな 
  けど、登っちゃうと富士山は見えないんだよね
  山に登ると富士山を探すのが習慣になっているのでね(笑)
  


  まぁ、それはひとまず置いといて・・・
  霜柱は堅く凍ったままの登山道
  初めこそザクザクいけましたが、たまに穴があったりして
  


  はまりかけました(笑)



  逆光で眩しいですけどね、見ちゃうよね




  登山口から1時間くらいで、東屋が見えてきます



  立派な展望台からは、またぁ~? 富士山ですよ
  今日はこればっかですよ?
  あっ、ちょっと私が邪魔でしたね
  


  富士山贔屓が続いていますが、私は竜ヶ岳にいます( 念のため )
  ジグザグ登って山頂を目指します (-_-)ゞ



  「 東京には空がない・・・」 んっなわけあるかっ!
  だけど、こういう空の下では言葉にできることは少なくなります



  ストールやらミトン手袋、お古のパタゴニアの上着なんかで小さなザックはパンパン
  次回は赤の30ℓにします
  あっ、そうそう、カッコ悪いけどガイド本と地図はいつもココ
  ザックを下ろさず同行者に取ってもらいます



  凍ったままの泥濘なので足をとられる心配はありません



  去年の夏の平標を思わせる風景に
  「 あの袋のリゾット、塩辛かったよねぇ 」なんて思い出話も(笑)



  八ヶ岳が美しすぎて・・・「 普段の行いのおかげだね 」と
  強引に私の手柄にしちゃいます (笑´∀`)イッタモンガチヨネ



  頂上はすぐそこ っという所で少しだけ残っていた雪
  


  はぁ~い、到着♪ 貸切です
  八ヶ岳から聖岳までくっきりです、振り返ればもちろん富士山



  背負い慣れてきたザックなのに、この日はなんだか背中と肩がコリコリ
  富士山を眺めながら、ストレッチ( 贅沢だわぁ・・・)

  ・・・続きます^^

  登ったお山の詳しい行程はこちら(*⌒ー⌒)v
  竜ヶ岳にて
  竜ヶ岳 1
  竜ヶ岳 2
登ったお山
・2018年
西沢渓谷(+)
秩父 国師ヶ岳(ご来光)すすきの乾徳山(月見岩)
紅葉、天狗温泉から浅間山
紅葉の那須岳(ひょうたん池)
平標山
秩父 芝桜の丘 ( 羊山公園 ) 琴平丘陵ハイキングコース
秩父・虎山の千本桜の後、美の山公園
埼玉夜桜見物
節分草園の後、大霧山ナイトトレッキング
長瀞~宝登山・蝋梅園
大山詣り 初詣

・2017年
丹沢大山〆
竜ヶ岳
大霧山( 定峰峠から )
西沢渓谷
初冠雪の黒斑山
表丹沢自然公園駐車場~鍋割山(迷い) 
乾徳山 
大菩薩嶺周回 
菅平牧場から四阿山と根子岳 
高尾山(稲荷山コース)

・2016年
両神山(両神山荘~七滝沢~日向大谷周回)
尾瀬・鳩待峠~山の鼻~湿原・至仏山周回
燕岳(合戦尾根ピストン)
守門岳(保久礼小屋)
谷川岳(ロープウェイ)
御岳山~大岳山
鋸山・アドベンチャーコース(迷い)日本寺
大月~おむすび山~高川山~初狩、縦走
高尾山、薬王院に初詣

・2015年
羅漢寺山~白砂山~弥三郎岳~昇仙峡周回
安達太良山周回
菅平牧場~四阿山~根子岳
浅間山 雪
北横岳

・2014年
甲武信ヶ岳・西沢渓谷駐車場~近丸新道~甲武信小屋~山頂~徳ちゃん新道周回
戸隠山
妙高山(燕温泉から周回)
大菩薩嶺
かぐらスキー場~和田小屋~ 苗場山(祓川ルート)
美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~美濃戸(周回)
焼岳(新中の湯ルート)
乗鞍岳
赤薙山
乾徳山
黒斑山
三ツ峠

・2013年
編笠山
中房温泉~燕岳(ピストン)
浅間山(浅間山荘~前掛山)
西穂高岳 独標
竜ヶ岳(夕方展望台まで)
榛名山
竜ヶ岳

・2012年
入笠山(〆)
赤城山 (霜月)
西沢渓谷・紅葉
高尾山ナイトトレッキング
浅間山荘~前掛山(リベンジ)
北沢峠~仙丈ヶ岳
大河原峠~蓼科山
八海山(大日岳ピストン)
蝶ヶ岳(三股からピストン)
武尊山(裏見の滝より)
平標山(お花畑にて)
湯ノ丸~烏帽子岳
鹿留山・杓子山.高座山
笠取山
塔ノ岳 
岩殿山
荒船山 ( 艫岩展望台まで )
妙義山(中間道)
赤城山(残雪・駒ヶ岳~黒檜山)
冬・黒班山(トーミの頭まで)
入笠山
北横岳(冬季)
三ツ峠入口~黒岳
竜ヶ岳
払沢の滝・浅間嶺(峠の茶屋まで)
毛無山
金時山 

・2011年
前掛山(浅間山荘コース)
赤城山(黒檜山)
麦草峠~天狗岳 
稲子湯~ニュウ~中山~中山峠~しらびそ小屋
石裂山 
乾徳山
唐松岳(八方尾根)
平標山
黒斑山(車坂峠・トーミの頭・蛇骨山・Jバンド・火山館) 
富士山(吉田口) 
大弛峠~金峰山
谷川岳(西黒尾根)
日光白根山 
北横岳・縞枯山・茶臼山
那須岳(朝日岳・茶臼岳) 
三頭山
瑞牆山
棒ノ嶺
御岳山・大岳山・鍋割山 
川苔山
筑波山
マピオン天気予報・山の天気
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード